« ペルー旅行記4日目 | トップページ | 「ペルー・インカの音色 土への祈り」を見る »

2004.11.22

ジャムの名前を教えてもらう

 ペルーで買ってきた食べ物は、職場のお土産にしたピスコのボンボンと、マラスの塩田で買ったお塩と、クスコのスーパーで買ったハーブティーと、クスコのジャム屋さんで買ったジャムの4つだ。

 ウルバンバのソル・イ・ルナホテルの朝食で食べて惚れたジャムを、クスコでジャム屋さんまで買いに行った。このジャム屋さんはMiskyという名前(だったと思う)で、スーパーなどでもこのメーカーのジャムが並んでいた。
 袋入り500gのジャムを買ったのは良かったのだけれど、ビニルの袋には何の表示もなく、気が付けば何という果物のジャムを買ったのかすっかり忘れ果てていた。お店(メーカー)の名前もうろ覚えである。
 一緒にペルーに行った友人に尋ね、今日やっと果物の名前が判った。

 ジャムになる前の実の状態では見たことがないのだけれど、ほおずきのような大きさと形をしていて、ジャムがオレンジっぽい茶色っぽい色になっているところから考えて、多分色もほおずきに近いのではないかと思う。名前は「アワイ・マント」。
 友人曰く「ペルーで食べたときほどの感動はない。食べ物はやっぱり現地が美味しい。」ということだけれど、でも、お勧めである。

|

« ペルー旅行記4日目 | トップページ | 「ペルー・インカの音色 土への祈り」を見る »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

*200409ペルーの始末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャムの名前を教えてもらう:

« ペルー旅行記4日目 | トップページ | 「ペルー・インカの音色 土への祈り」を見る »