« ペルー旅行記9日目 | トップページ | マチュピチュ遺跡の写真をアップする »

2005.01.06

ペルー旅行記10・11日目

2004年9月26日(日曜日)〜27日(月曜日)

 ペルー旅行の10日目に入った0時10分、デルタ航空DL274便は定刻どおりにリマ空港を飛び立った。
 こうして私のペルー滞在は終わった。

 ペルー滞在は終わったけれど、ペルー旅行はこの後も何だかんだと長時間続く。
 これまで機内ではほとんど眠れたことがなかった私も、昨日は朝が早かったし、アイマスクとマスクと耳栓があり、ビーチサンダルに履き替えて足元を楽にすれば結構眠れることが判った。
 うっかり旅行社からもらったアメリカ入国カードをスーツケースに入れたままにしてしまった。仕方なく機内で入国カードをもらう。リマからアトランタに向かう飛行機の中で日本語版の入国カードがあってちょっと驚いた。

 アトランタには定刻どおりに到着したものの、入国審査に物凄く時間がかかった。
 往路でのアメリカ合衆国入国が割りとスムーズだったし、トランジットに2時間ちょっとあったから心配していなかったけれど、あまりにも列が進まないので段々焦ってくる。
 今思えば、南米から到着する便が集中する時間帯で長期滞在の人が多く、指紋採取や写真撮影が多かったために時間がかかったていたのだろう。しかし、並んでいるときはそんなことを想像している余裕はない。
 何とか1時間くらいで入国審査の列を抜けることができたときはほっとした。
 係員のお兄さんに「あなたはなぜUnited Statesに来たんだ?」と聞かれ、自分でもかなり憎憎しげに「Just Transit.」と答えてしまった。

 アトランタ空港はかなり広い割に、全くお買い物のしがいがない空港である。
 それでも免税店に入ってみたら、行きには見つけられなかったクリニークの化粧品が見つかった。成田空港の免税店よりもずっと安いことにショックを受けつつ、余らせたドルで基礎化粧品を買い足した。
 そういえば、出国カードをどこで誰に渡せばいいのか、最後まで判らないままだった。

 DL55便で飛んだアトランタから成田も、似たような感じで過ごしていたと思う。
 日付変更線を超えたことも気がつかないまま、ひたすら寝ているか、映画を見ているかして、時間を潰す。
 成田空港到着後、いくつかのお土産を取り出してから宅配サービスでスーツケースを自宅に送り、スカイライナーのチケットを慌てて買って飛び乗った。

 無事、帰宅した。

 ペルー旅行記9日目<-

|

« ペルー旅行記9日目 | トップページ | マチュピチュ遺跡の写真をアップする »

旅行・地域」カテゴリの記事

*200409ペルーの始末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルー旅行記10・11日目:

« ペルー旅行記9日目 | トップページ | マチュピチュ遺跡の写真をアップする »