« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.30

「その国の旅を終えて 100の質問(アイスランド編)」に答える

*****
 「その国の旅を終えて100の質問」は 旅して~世界206ヶ国&旅と暮らし からいただきました。
*****

tabibanner.gif

1.ハンドルネーム、性別、星座、血液型をどうぞ。
 姫林檎 女 蠍座 A型

2.行った国はどこですか?
 アイスランド

3.日程(年月日)と日数を教えて下さい。
 2005年8月13日〜22日 10日間

続きを読む "「その国の旅を終えて 100の質問(アイスランド編)」に答える"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.29

「世界遺産ここに行きたい! ベスト30」が発表される

 少し前に、NHKの「探検ロマン 世界遺産」という番組で、「世界遺産ここに行きたい!」という投票を募っていた。
 今日(2005年9月29日)、その投票結果ベスト30が放送された。
 すっかりビデオ録画するのを忘れていたのだけれど、7位以降のカウントダウンを見ることができた。
 
 第1位には、ペルーのマチュピチュが選ばれていた。
 2400前後の投票のうち、200強の票を集めたというのだから、その強さが判る。
 そのマチュピチュに私は立ったんだもんね、ふっふっふ、と心の中で自慢してしまった(誰に?)。
 ナスカの地上絵も12位に入っていた。やはりこの番組で放映した世界遺産が強いようだ。

 ベスト30は、「探検ロマン 世界遺産」のWebサイトの中で見ることができる。
 また、2005年10月06日 (木曜日)に、 2:05〜2:48と16:05〜16:48の2回、再放送されるそうだ。

 私が投票したグアテマラのティカル遺跡は、ベスト30にかすりもしなかった(ようである)。残念。何票くらい集めたのだろう?
 ベスト30のうち6位に入ったヨルダンのペトラが気になった。少し、調べてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.24

旅行博に行く

 2005年の旅行博は、9月22日から24日(今日)まで東京ビックサイトでの開催だ。
 9月22日は関係者のみ、今日は台風が来そうだったので、昨日出かけてきた。

 12時前くらいに到着し、前売券を買うのをすっかり忘れていたので、1200円也を払って入場券を購入する。この入場券が3mくらい歩いたところの入り口ですぐに回収されてしまうのが可笑しい。何度も使い回しているのかしら、と思ってしまう。

 初めて行ったので、今ひとつ会場の構造も見当がつかないし、何がどこにあるものやら、そもそもどんな催しなのか判っていない。適当に端から歩き始める。
 「旅専」の旅行社が集まっている一角があり、会場の半分くらいは地域ごとに各国(オフィシャルエアライン)のブースが占めている。クルーズが特集され、中南米が会場のほぼ真ん中の特等席に並んでいる。奥にはイベントステージがあり、写真のコンテスト結果が発表され、世界遺産コーナーもある。ホテルのデリが並んでいる一角もあって金谷ホテルのカレーパイに行列ができている。

 あちこちでアンケート(エミレーツ航空ではアンケートに答えるとオアシスの水だというミネラルウォーターがもらえた)、くじ引き(我ながら驚くほど何も当たらなかった)、ゲーム、イベント(オーストラリアのアルペンホルンみたいな形をした楽器と三味線のコラボが楽しかった)、試食&試飲(ペルーのブースで久々のピスコサワーにくらっと来た)があって楽しい。
 厳選してもらったつもりのパンフレットもいつしか増殖して、肩が痛くなるほどの重さになった。

 来年も同じ時期に開催されるらしい。
 夏休み前に開催してくれたら、夏の旅行の検討と情報収集のためにもっと具体的に活用できるのにな、と思った。

 帰りがけに買うつもりでうっかり買いそびれたセイロン紅茶が最大の心残りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.18

プロフィール写真を変える(十五夜)

 旅の支度とも旅の始末とも全く関係はないのだけれど。

 今日は十五夜である。
 満月があまりにも見事に満月だったので、デジカメで撮影した。ズームを使ったわけではなく、撮影位置もほとんど変えていないのに、シャッターを押すごとに月の大きさが変わるような気がする。何故なんだろう。

 2〜3日、十五夜気分をこのブログにも漂わせてみることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.13

「旅」2005年10月号を購入する

 新潮社の「旅」2005年10月号を購入した。
 今月号のメインは「紅葉の十和田、白神へ」という特集だ。先月号に引き続き、日本の北の方が取り上げられたことになる。
 先日、一緒にランチをした友人がこの秋(というか夏の終わり)に知床に行くという話をしていた。
 「どうやって行くの?」「何をするの?」と根掘り葉掘り聞いてしまったのはうらやましかったからだ。
 その話を思い出し、北日本のどこかに旅してみたくなった。「紅葉温泉ベスト50」なんていうとじ込みガイドがあるのもいけない(笑)。

 ところで、次号予告ページに、"「旅」という名の女性誌へ変わります。"という趣旨の案内が載っていた。
 「旅ランキング」といい、どうして私が愛読する旅関連の雑誌は私が望まない方向に変わってしまうのだろう。判型を大きくしオールカラーにするという方針も何だか似ている。
 戦々恐々として来月号の発売(毎月7日に変わるのだそうだ)を待つことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.11

平成17年度国内旅行業務取扱管理者試験を受ける

 今日は、平成17年度国内旅行業務取扱管理者試験の試験日だった。とても合格に足る勉強はしていないのだけれど、受験料は払ったし、問題集も買ったし、何かの間違いで受かることもあるかもしれないし、と出かけてきた。

 試験時間は13時30分から15時30分までの2時間だ。
 まず最初に問題数(塗りつぶすべき数)を数えたら、84問だった。これを2時間というのは結構きつい。
 途中から雨風も強くなる不穏な天候の中、時間だけは目一杯使ってマークシートの用紙を埋めた。

 周りの受験者がやけに若いと思っていたら、実際に仕事にしている人よりも専門学校の生徒が受けるケースが多いらしい。

 そういえば、「試験時間中にお手洗いに行くことはできません。」と言われたのは初めてだ。高校入試でも他の資格試験でも、大抵は「お手洗いに行きたくなった人は手を挙げてください。」と言われたように思う。
 何故なんだろう。

 試験開始前、会場の門前で「資格の大原」と「LEC」が直前チェックと解答速報の案内を配付していた。
 試験終了後に見直してみると、LECの直前チェックはかなりいいところを突いていたことが判った。
 解答速報は、「資格の大原」はこちらで、「LEC」はこちらである。
 いずれも解答速報を入手するにはアンケートに回答する必要があるが、「資格の大原」は個人情報までは求めない。

 ここ3年の合格ラインは、各科目(「旅行業法及びこれに基づく命令」、「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款」、「国内旅行実務」)が全て60点以上、である。
 まだ答え合わせはしていないけれど、このラインにはとても達していないことだけは確かだ。

<答え合わせ後に追記>
 「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款」はギリギリでクリアしていたけれど、他2科目がだめだった。
 でも「全く全然ちっとも歯が立たない」という感じでもなさそうなので(負け惜しみ)、今のところ、また来年も挑戦してみようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.05

変更補償金の入金を確認する

 旅行社から届いたアイスランド・ツアー最終案内には、宿泊先変更のお知らせが同封されていた。
 2泊分のオーバーブッキングが発生していることが判明したので別都市のホテルを押さえた、ついては、旅程保証の「契約書面に記載した宿泊機関の変更」に該当するので変更補償金を返金する、という内容だった。

 旅行終了後に指定の口座に振り込みますという案内だったのを思い出し、今日、銀行で記帳を行い、振込を確認した。
 振込日は2005年8月31日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.04

旅行社から集合写真が届く

 今回のアイスランド旅行では、しみじみと「添乗員さんというのは大変だ」と思ったことだった。
 その添乗員さんの最後のまとめのお仕事(推定)として、一昨日(2005年9月2日)、写真とメッセージカード集が届いた。

 「写真」はA4サイズの紙に、写真2枚と全員の名前、添乗員さんからのメッセージが組み合わされている。
 大きく印刷されていたのは、氷河湖クルーズの船に乗る前に撮った集合写真だった。
 そして、最後に見たグトルフォスの滝(虹つき)もしっかりと載っている。添乗員さんも虹がかかった滝の写真を激写できていたらしい。良かった。
 「メッセージカード集」もやはりA4サイズの紙で、旅行終了前日に「みなさんにメッセージをどうぞ。旅行後にみなさんの分を貼り合わせてお送りします。」と配られた名刺大のカードを並べてある。

 この4月まではこれに住所録が付いたのだろうけれど、個人情報保護法が施行された関係で「住所交換は個人的にされてください」と言われていた。
 安心な反面、写真も一応整理した今になってみると、みなさんの住所をお聞きしておけば良かったとも思う。
 難しいところだ。 

 ここのところ毎回書いているような気がするけれど、お世話になった方々に写真を送る準備をしなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.02

「写ルンです」の写真をプリントする

 アイスランド旅行にはWaterproofの「写ルンです」を持って行った。
 デジカメの水中写真用カバーを買えば使い捨てせずに済むのだけれD、いかんせん高い。
 おまけに、海にもここ数年行っていない。ダイビングもやらない私が水中写真を撮る機会などほとんどないに違いない。今回の旅行でも使用目的も「滝」と「ブルーラグーン」だった。

 実際は、滝壺に近づいたときも風雨のなかでも結構な量の水しぶきや雨をかぶりながらデジカメを使っていたので、この「写ルンです」はブルーラグーンで集中的に(笑)使うことになった。
 「防水」ではあるものの、水温38度に耐えられるのか少し心配したけれど、どうやら大丈夫だったようだ。

 8月29日に写真屋さんで頼み、現像と同時プリントに加えてCD化もお願いしたら時間がかかってしまい、今日になって出来上がってきた。
 プリントした写真を見ると、晴天に恵まれたおかげもあって、思ったよりずっと綺麗にミルキーブルーの温泉が写っていた。嬉しい。
 旅行でお世話になった方に写真を送る準備もしなければ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »