« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.29

「水曜どうでしょう」のDVDを見る−サイコロ2とオーストラリア−

 友人から「水曜どうでしょう」のDVDを貸してもらった。その第3弾だ。
 この「水曜どうでしょう」というのが何かといえば(私も全く知らずに、持ち主の彼女に教えてもらったのだけれど)、北海道テレビで放送された地域ローカル深夜放送番組のタイトルである。多分、そうだと思う。

 その番組で放映された「サイコロ2〜西日本完全制覇〜(1996年12月25日・1997年1月8日放映)」と「オーストラリア大陸縦断3,700キロ(1997年1月29日〜2月19日放映)」がこのDVDには納められている。
 この「サイコロ」というのは、東京から札幌まで、サイコロの目に今使える交通手段で行ける場所を適当に(というか、番組的に盛り上がるように適当に意地悪に)設定し、番組のキャスト2人(企画も担当した鈴井貴之と、確か北海道の劇団に所属している大泉洋)がサイコロを振って出た目のとおりに旅をする、という企画である。と思われる。
 東京から札幌に向かわなくちゃいけないのに(しかも、3日目の午後にラジオの生放送が待っている)、四国と九州を行ったり来たりし続ける。しかも移動手段は何故か昼間のフェリーと深夜バスがメインである。そして、ゴールが和歌山港なのもおかしい。
 見ていると、キャストのお二人はかなり切れかかりつつ、深夜バスで眠れない体になってしまったと嘆きつつ、かなり悲惨な旅をしているのだけれど、何故か羨ましい気がしてくるのが謎である。

 「オーストラリア大陸縦断3,700キロ」は、文字通り、ダーウィンからアデレードまで、オーストラリア大陸のど真ん中を4日間でレンタカーをひたすら走らせる、という旅である。
 朝の5時とか6時とかに出発している。睡眠時間は3〜4時間だそうである。
 運転しているか爆睡しているかアホな話をしているか、その3種類の絵しかない。
 しかも、観光地の映像なんてほとんどない。エアーズロックに往復500kmの寄り道をしても、麓に立ちました、触りました、さあ先を急ぎましょう、という感じである。
 でも、これまた何故か羨ましくなってしまうのが謎である。

 「サイコロ」は見せる相手がいないとできないような気がするけれど、「オーストラリア縦断」は人に見せるためでなくできるような気がする。
 私の運転技術で、レンタカーでそんな無茶な走りができるかというところが大問題ではあるけれど、何だかいいなぁ、私もこういう旅をしてみたいなぁ、と思ってしまった。
 ディレクターのお二方も含め、男性4人というチームだからできた無茶なのかもしれないと思う。
 ついでに、この肩の力の抜けきったタイトルも好きである。

 番組の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.25

「世界遺産が危ない」という記事を読む

 阪急コミュニケーションズが発行している(ということを今知った)「ニューズウィーク日本版」という雑誌の2006.5.31号に掲載されている「世界遺産が危ない」という記事を読んだ。
 この号の表紙がマチュピチュ遺跡の写真で、それでパッと目に入ったのだ。

 記事の内容を乱暴にまとめると、世界遺産は、地球温暖化などの他、世界遺産に登録されることで観光客が集まり、観光客が集まったことで消滅の危機が訪れているところがある。一方で観光客が集まることで保護された世界遺産もある。世界遺産登録は諸刃の剣であり、世界遺産の保護に方策を練ることが急務となっている、ということだった。

 また、「消えゆく世界の7大スポット」というページもあり、そこでは、エジプトのルクソール神殿やイタリアのベネチア、そしてペルーのマチュピチュ遺跡も数えられていた。
 昨年辺りから、インカ道トレッキングは人数制限が行われるようになったと思ったけれど、現在は、マチュピチュ遺跡への入場を1日500人に制限し、年に1ヶ月は閉鎖して修復することになったそうだ。

 確かに「どこに旅行に行こう」と考えるときに、「あの世界遺産を見たい」ということが動機になることが増えたし、「今のうちじゃなくちゃ見られない」と聞くとやっぱり自分の目で見たいと思ってしまう。
 世界遺産の消滅や崩壊を望んでいる人などいないのだから、「見たい」という気持ちと保護の活動をどこかでつなげることができるといいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

「絶景! これは見たい」世界遺産に投票する

 毎週土曜日午後8時から放映されているNHK総合「探検ロマン世界遺産」という番組で、「絶景! これは見たい」世界遺産への投票を現在募集している。投票結果は7月に番組で発表されるそうだ。

 番組の「絶景! これは見たい」の投票受付ページにアクセスし、ペトラ遺跡(ヨルダン)、ティカル国立公園(グアテマラ)、カナイマ国立公園(ベネズエラ)の3カ所に投票した。「絶景!」と言われると、こういうどーん!としたところに投票したくなってしまう。
 番組で何位から発表するのか判らないけれど、果たして私が投票したこの3カ所はランクインするだろうか。

 投票後、番組のオリジナル壁紙のダウンロードページにアクセスすることができる。
 アンコールワット(カンボジア)、マチュピチュ(ペルー)、ペトラ(ヨルダン)、サンクトペテルブルク(ロシア)、アルベロベッロ(イタリア)、メテオラ(ギリシャ)の6カ所が用意されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.20

熊野古道談義に花を咲かせる その2

 その後も「熊野古道に行って来たんだ」という話を友人にしまくっていたら、「私が購読しているメルマガでも熊野古道の情報が送られてきた」というメールが入り、格安航空券のスカイゲートのサイトにある熊野古道を特集したページを教えてもらった。
 このページでは、「東紀州ほっとネット くまどこ」というサイトが紹介されていた。
 探せば色々と情報源はあったらしい。事前の情報収集が甘かったかもしれない。

 友人に熊野本宮大社の牛王宝印のお札をお土産に手渡したときも、八咫烏について説明できず、後から「みくまのネット」というサイトを見つけて勉強し直してしまったくらいだ。

 先週末にやっとデジカメで撮った写真をCD-Rに焼いて、旅行でお世話になった方に送ったのだけれど、その中のお一人の方は青岸渡寺の宿坊で自主的に延泊をしていらっしゃった。その話を聞くまで「青岸渡寺に宿坊がある」ということを知らなくて、「知っていれば・・・。」とかなり残念に思ったものだ。

 もう1回、熊野旅行に行くとしたら、どんな計画を立てるだろう。考えてみても面白いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.14

「新説!ナスカ地上絵〜浮かんだ刻印の真実」を見る

 2006年5月14日午後2時から放映された、TBS「新説!ナスカ地上絵〜浮かんだ刻印の真実」という番組を見た。
 TBSは、国立科学博物館で開催されている「世界遺産ナスカ展 地上絵の創造者たち」の主催者にもなっていて、この番組でもナスカ展で展示されている土器が多く映されたし、スタジオにはナスカ展で展示されていた布の意匠が使われている。ナスカ展の宣伝も流れていたし、タイアップした内容と考えていいと思う。

 昨日、そのナスカ展に行って来たばかりだったので、とても面白く見ることができた。
 ミイラの調査の様子や、ナスカの地上絵は何を表しているか、といった研究の流れと概要については、ナスカ展で見たり読んだりするよりもよく判った。

 番組では、ナスカの地上絵は儀式に使われていて、動物などの地上絵がほぼ一筆書きで描かれているのは、そのラインの上を踊ったり演奏したりしながら歩くことで儀式としたからではないか、としていた。
 さらに、(恐らくは)これまであまり注目されてこなかったのだろう直線や幾何学模様の地上絵に着目した研究者の、地上絵のラインは水を求める儀式で使われたものであり、部族単位で管理することでナスカの社会の礎となるものだった、という説が紹介されていた。
 90分番組だったのだけれど、とても充実した内容だったと思う。

 番組のホームページを探したのだけれど見つからなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「探検ロマン世界遺産 マヤ文明 謎の密林都市〜メキシコ・チチェン・イツァ〜」を見る

 確か2006年4月からだったと思うのだけれど、それまで毎週木曜の午後8時に放送されていたNHK総合「探検ロマン世界遺産」という番組が、毎週土曜の午後8時から放映に変わっている。
 昨日取り上げられたのはメキシコのチチェン・イツァ遺跡だった。
 番組の「マヤ文明 謎の密林都市〜メキシコ・チチェン・イツァ〜」の紹介ページはこちら。

 マヤ文明の遺跡としては、どちらかというとチチェン・イツァ遺跡よりもティカル遺跡の方に行ってみたいと思っている。
 でも、チチェン・イツァ遺跡にあるククルカン神殿で、毎年晴れた春分の日と秋分の日にだけ姿を現すというククルカンの姿はぜひ見てみたいと思っていた。
 その「春分の日のククルカン」の姿がテレビに映ると聞いて、久しぶりに「探検ロマン世界遺産」という番組を見てしまった。

 今年の春分の日には、そのククルカンの姿を見ようと、世界各国から4万人もの人がククルカン神殿に集まったのだそうだ。
 ククルカン神殿の北面する階段にだけは、地上にククルカンの頭部の彫刻がある。
 その頭部から光の帯がギザギザの模様をつけて、神殿の最上部にまで届く姿を見ることができた。
 こういうことだったのか。納得した。

 ふと疑問に思ったのは、本当にこのククルカンの姿は1日ずれると見ることができないのだろうか、ということだ。
 太陽の位置が1日でそれほど大きく変わるとは思えないし、前日とか翌日なら多少姿はゆがむかもしれないけれど、ククルカンの姿を見ることができるのではないだろうか。

 ククルカン神殿の階段は45度の急勾配で、観光客が転落する事故が相次いだため、今は登ることは禁止されているそうだ。
 ククルカンを見るという野望も(映像だけど)達成したし、しばらくは行かなくてもいいかな、という気持ちになった。

 番組の最後で、「絶景! これは見たい」世界遺産について、現在投票を募集しているというお知らせがあった。投票結果は7月に番組で発表されるそうだ。
 昨年の夏頃は「世界遺産ここに行きたい!」というタイトルで投票を募っていたと思う。今ひとつ前回と今回の趣旨の違いが判らないけれど、今回は「あなたが見たい絶景の世界遺産」に投票することになり、確か前回は一人でひとつの世界遺産にしか投票できなかったけれど、今回は3つの世界遺産に投票できるようだ。
 番組ホームページで投票受付のページは見つけたけれど、いつまで投票を受け付けるかの記載は見あたらなかった。どこに投票するかちょっと考えて、早めに投票に参加しよう。

 番組の「絶景! これは見たい」の投票受付ページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.13

「世界遺産ナスカ展 地上絵の創造者たち」に行く

 国立科学博物館で2006年6月18日まで開催されている「世界遺産ナスカ展 地上絵の創造者たち」に行って来た。
 ゴールデンウィークも終わったし、雨も降っているし、上野公園にはプラド美術館展も来ているし、そんなに混雑はしていないだろうと思って出かけたら、チケットを買っても場内に入るまでに20分待ちだといわれて驚いた。
 入場できてからも、どの展示物の前にも黒山のひとだかりができている。

 展示品の多くはペルー国立考古学人類学歴史学博物館の所蔵品のようで(その説明が読める位置までなかなか近寄れなかったので定かではないけれど)、2004年9月にペルーに行ったときに、どうしてこの博物館に行かなかったのだろうと思った。
 そして、10〜20人のグループに1人のガイドさんがついて、チャンカイ文化の土器と織物について詳細に説明し、時には触らせてもくれるリマの天野博物館は何と豊かだったのだろう、としみじみと思ってしまった。

 感想はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かもめ食堂」を見る

 今日、銀座テアトルシネマで、フィンランドのヘルシンキを舞台にした「かもめ食堂」という映画を見てきた。去年の1月に「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見て以来かもしれない。
 見てよかった。
 感想はこちら。

 オーロラだけではないフィンランド、サーリセルカ以外の都市にも行ってみたいと思った。
 もちろん映画「かもめ食堂」には、オーロラは出てこない。その代わり、きらきらしている森が映っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.12

「街道をゆく5 モンゴル紀行」を購入する

 このブログを読んだ友人から、「今年の夏はモンゴルなんだね。行くのだったら、司馬遼太郎の星の草原を読んでから行ってね」というメールが届いた。
 「街道をゆく」というシリーズに入っているという。

 朝日文庫に入っていることを突き止め、本屋に行ってみたら「街道をゆく5 モンゴル紀行」という本はあったのだけれど、「星の草原」という文字は見つけられないまま購入した。
 家に帰ってきてよくよく見てみたら、「星の草原」は章タイトルになっていた。章のタイトルまで覚えているなんて凄い。
 早速、その章から読み始めることにした。

 モンゴルに行きたいという気分は少しずつ盛り上がって来ているのだけれど、嫌になるほど乗馬をして、ゴビ砂漠で星を眺め、カラコルムの遺跡を見て、さらにモンゴル建国800周年記念騎馬隊イベントも見て、このイベントよりも毎年モンゴル全土で行われているナーダムの方により興味があって、できれば民族音楽も聴きたくて・・・、と考えていると、日程が何日あっても足りない。
 一番何がしたいのか、何を見たいのか、ちょっと考えてみる必要がありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.08

熊野古道談義に花を咲かせる

 「熊野古道に行って来たんだ」という話を友人にしまくっていたら、「私も前から行きたいと思っていたんだ」という子が結構たくさんいることが判った。
 職場で「熊野に行って来ました」と言ったら、「随分とマイナーなところに行ったんだね」と言われ、「世界遺産に登録されているのよ!」と抗議兼宣伝をしたのとはえらく違う。年代や性別で興味の対象が違うということだろうか。

 友人の一人からは、「方位学では、今年のこの時期に南西に行ったらいいことが起こる!」と断言してもらい、方位その他に疎くて全く意識していなかったので、何となく得した気分になる。

 別の友人からは、JR西日本などで「聖なる森 熊野古道を歩く」というキャンペーンが行われていることを教えてもらった。彼女はすでにスタートセットも購入したのだそうだ。
 知っていたら、熊野旅行に行く前に私も購入したのに!
 熊野古道の各王子にはスタンプが設置されていた。そういったものを集めるのが大好きな私が、何故か今回に限ってひとつもスタンプを押して来なかったのだ。
 恐らく、歩くのと写真を撮るのととで精一杯だったためだと思うのだけれど、スタンプ帳を持っていたら、何はさておいても、スタンプだけは根性で集めていたような気もする。残念。

 このキャンペーンは2007年3月31日まで行われるそうだ。
 「聖なる森 熊野古道を歩く」キャンペーンの詳細はこちら。

 今日、ツアーでご一緒した方から写真のCD-Rと自家製アルバムを送っていただいた。多謝!
 私も早く整理して、お約束した方々にお送りせねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.07

夏のモンゴルツアーのパンフレットを請求する

 「大モンゴル 建国800周年記念行事」は2006年7月10日から8月31日まで行われる。
 8月前半の土曜日には日本航空の直行便も飛ぶようだ。
 地球の歩き方を読んだりインターネットをうろうろしたるりしたところ、どちらかというと、作られた祭りである「大モンゴル 建国800周年記念行事」よりも、毎年7月に行われるというナーダム祭の方により興味を惹かれる。この両方を見るツアーもあるようだけれど、7月に仕事を休めるかどうかは直前にならないと判らないし、お休みできない可能性の方が高い。残念。

 それはともかくとして、ぼちぼち「大モンゴル 建国800周年記念行事」を含むツアーのパンフレットが各社で用意されつつあるようなので、いくつか資料請求をしてみた。
 パンフレットが届いたら研究しよう。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.06

持ち物リスト(熊野古道編)を作る その2

 持ち物リストのその2で、最後である。

続きを読む "持ち物リスト(熊野古道編)を作る その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

持ち物リスト(熊野古道編)を作る その1

 今回の熊野旅行(2006年4月29日〜5月2日)では、私にしては珍しく、出発前日に「何だかだるーい、やりたくなーい。」と思いつつ、リストを作る気力もないままにたらたらと荷造りをした。
 忘れないうちに、持って行ったもののリストアップしておこうと思う。

 現地集合・現地解散の2泊3日のツアーに、自主的に1泊を追加した3泊4日の旅である。
 大きい荷物はバスに載せたままにでき、次の宿に運んでもらえることが判っていたこと、最初の2泊は相部屋なので大々的にお洗濯するわけにはいかないだろうと思ったこと、「歩く」ツアーなので恐らく大汗をかくだろうと思ったこと、雨が多い土地なので雨に降られてびしょぬれになることも想定したこと、などなどの理由により、3泊4日の割に大荷物になった。

 リストには、着ていった服や、リュックに入れていったものも含まれている。

続きを読む "持ち物リスト(熊野古道編)を作る その1"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.03

プロフィール写真を変える(熊野古道)

 旅行最終日(2006年5月2日)の朝、宿をチェックアウトする際に、大きいボストンバッグを宅急便で送ってもらうようにお願いした。
 「今日中に発送すればいいですよね」というお言葉に「急ぎませんので、それで十分です」とお答えしたのだけれど、その荷物が今日(2006年5月3日)の15時過ぎに届いたのに驚いた。ゴールデンウィーク中なのにと言うべきか、ゴールデンウィーク中だからと言うべきか、とにかく早い。早速、洗濯を始めた。

 洗濯機ががんばっている間、まずは買ってきたお土産を写真に撮った。
 といっても、大したものは買ってきていない。春香柑という、かけあわせる前の原生種に近いみかんや、梅干し、マグロの煮付け(真空パックに入っている)、梅酢で香りを付けた塩、那智の滝の自ら作ったお酒くらいだ。
 私にとって最も重要なお土産は、午王法印だ。熊野三山それぞれ、 八咫烏をデザインして木版で刷り作られている。昔の熊野詣では、熊野三山の午王法印をいただくことが目的だったらしい。鎌倉時代には誓約書となり、江戸時代には起誓文の代わりとしても使われたものだそうだ。

 撮影終了後、デジカメからパソコンにデータを取り込んだ。デジカメはもちろん自分の手で持ち帰って来ていたのだけれど、パソコンとつなぐUSBケーブルやxdピクチャーカードはボストンバッグに入れて送っておいたのだ。
 データを取り込み、あまりにもボケボケの写真は削除し、CD-Rに焼いてバックアップを取るところまでを片付けた。とりあえず、これで一安心である。パソコンのデータが飛んでも写真は無事だ。

 熊野古道の見どころはどこかと考えた。もちろん本宮や速玉大社、那智大社なのだろうけれど、印象に残っているのは「熊野古道を歩いているんだ」という感じだ。
 登り続けて息が上がっていたり、川の音が聞こえてきたり、沢ガニがいたり、山桜や山ツツジが咲いていたり、石畳に足が滑ってコケそうになったり、足の爪が痛くなったり、リュックを背負っている背中が汗びっしょりだったり、吹く風が気持ち良かったり、でもそういう「感じ」は写真に撮ることはできない。
 また変えると思うけれど、とりあえず杉の巨木が印象的だった継桜王子の入口の写真を選んでプロフィール写真に設定した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.02

無事、帰宅する(熊野古道)

 2006年4月29日から5月2日まで、3泊4日で熊野古道ツアーを敢行してきた。思えばゴールデンウィークに旅行するなんて何年ぶりだろう。日帰り旅行を除くと初めてかも知れない。
 前半の2泊3日は現地集合・解散の「熊野古道を歩く」というツアーに参加し、最後の1泊を自主的に延泊した。

 目一杯ひっぱり、自宅に帰り着いたのは5月2日の午後11時30分だった。
 日頃の運動不足がたたり、温泉でかなり念入りにほぐしたにも関わらず、今も体中がミシミシいっている。筋肉痛なのか何なのか、もう判らないくらいだ。
 でも、無事に帰って来られたし、ちゃんと(?)歩けたし、気持ちよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊野古道旅行記4日目(引っ越しました)

*****

 熊野古道旅行記は引っ越しました。
 以下のリンクからご覧ください。

*****

1日目 2006年4月29日(土曜日) 紀伊田辺駅 -> 近露の里(泊)

2日目 2006年4月30日(日曜日) 近露の里 -> 熊野古道・中辺路 -> 熊野本宮大社 -> 湯の峯温泉(泊)

3日目 2006年5月1日(月曜日) 湯の峯温泉 -> 熊野速玉大社 -> 神倉神社 -> 熊野那智大社 -> 新宮市内 -> 雲取温泉(泊)

4日目 2006年5月2日(火曜日) 雲取温泉 -> 熊野川舟くだり -> 熊野速玉神社 -> 熊野古道・高野坂 -> 紀伊勝浦


持ち物リスト(熊野古道編)


2006年4月 熊野古道の写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.01

熊野古道旅行記3日目(引っ越しました)

*****

 熊野古道旅行記は引っ越しました。
 以下のリンクからご覧ください。

*****

1日目 2006年4月29日(土曜日) 紀伊田辺駅 -> 近露の里(泊)

2日目 2006年4月30日(日曜日) 近露の里 -> 熊野古道・中辺路 -> 熊野本宮大社 -> 湯の峯温泉(泊)

3日目 2006年5月1日(月曜日) 湯の峯温泉 -> 熊野速玉大社 -> 神倉神社 -> 熊野那智大社 -> 新宮市内 -> 雲取温泉(泊)

4日目 2006年5月2日(火曜日) 雲取温泉 -> 熊野川舟くだり -> 熊野速玉神社 -> 熊野古道・高野坂 -> 紀伊勝浦


持ち物リスト(熊野古道編)


2006年4月 熊野古道の写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »