« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.26

録画したパナソニックスペシャル「チンギスハン 史上最大の帝国800年目の真実」を見る

 テレビ朝日系列で2006年11月18日(土曜日)午後7時から、パナソニックスペシャル「チンギスハン 史上最大の帝国800年目の真実−世界をつなぐユビキタス社会の夜明け−」という番組が放映された。出かける予定があって録画しておいたのだけれど、今日になってやっと見ることができた。

 ユビキタスとチンギスハンとのつながりが今ひとつ予測できなかったのだけれど、「情報と人の重視」というところを結びつけていたように思う。
 早飛脚制度や狼煙の利用でいち早く情報を伝達し軍を動かしたり、残虐な処刑などはその噂が広まることで戦わずして勝つことを狙っていたためだった(情報戦の一種であった)などが取り上げられていた。その中でもやはりポイントは人種や昨日までの敵味方に拘らずに有為な人材を登用して、かつ力を発揮させていたところに、モンゴル帝国が強大になった要因があるのではないかと思った。

 ところで、2006年夏にモンゴルで開催されていた800年記念騎馬イベントの会場で、そこだけで通用する貨幣が売られていた。お土産に買ってきたのだけれど、それは、モンゴル帝国で使われていた「パイザ」という身分証を模した物だということをこの番組を見て初めて知った。
 世界史の授業で勉強したのだろうと思うけれど、マルコ・ポーロの時代、シルクロードのほぼ全域がモンゴル帝国の支配下にあったというのも意外だった。

 正直に言って、「ユビキタス社会」とのつなげ方はかなり強引だと思うけれど、でもとても興味深かったし、騎馬イベントの様子や何だか懐かしい景色もたくさん映って、とても面白かった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.22

50000アクセス達成!

 アクセス解析を見ていて、今日(2006年11月22日)の午前1時台にどなたかが50000アクセス目を踏んでくださったことが判った。

 右の一番下にこっそりアクセスカウンターを設置してあるので、もしかしてご本人も気づかれただろうか。でもこっそりすぎて、誰もアクセスカウンターの存在に気がついていない可能性の方が高いような気もする。

 いずれにしても、遊びに来ていただいて、読んでいただいて、ありがとうございます。

 ちなみに、これまでの経過は以下のとおりである。
 スタート 2004年9月1日
 10000アクセス 2005年7月17日
 20000アクセス 2005年11月16日
 30000アクセス 2006年3月30日
 40000アクセス 2006年8月1日
 50000アクセス 2006年11月22日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

録画した世界ふしぎ発見!「インカ道で、奇跡の天空都市へ!」を見る

 「世界ふしぎ発見!」という番組で、先週(2006年11月18日)に「インカ道で、奇跡の天空都市へ!」というサブタイトルでペルーのマチュピチュが取り上げられていた。裏番組を見てしまったのでビデオ録画しておいたのだけれど、今日、それを見ることができた。

 2004年に旅行したときに訪れたクスコ、チンチェーロの市場、マラスの塩田、モライの遺跡、オリャンタイタンボの遺跡と村、マチュピチュを2泊3日かけてインカ道トレッキングをしながら訪れていた。
 この行程を本当に2泊3日で歩けてしまうのか(一部は馬にも揺られていたようだけれど)、ちょっと不思議には思ったけれど、でも何だかとても懐かしかった。
 チンチェーロの市でお魚や海草が売られていたことには気がつかなかったけれど、モライの遺跡の底にいると本当に声が響いてはるか上の方で話されている声も聞こえたんだったと記憶が甦ったり、インティプンクにも行ってみれば良かったとちょっと悔しくなったり、楽しく見ることができた。

 クスコ周辺は本当に楽しい。また行きたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.18

「ウォーカーズ 迷子の大人たち」を見る

 パナソニックスペシャル「チンギスハン 史上最大の帝国800年目の真実」も、世界ふしぎ発見!「インカ道で、奇跡の天空都市へ!」も無事に録画し、録画している間、NHKのドラマ「ウォーカーズ 迷子の大人たち」を見てしまった。
 普段はほとんどドラマを見ない(そもそも、テレビもあまり見ない)のだけれど、この「ウォーカーズ 迷子の大人たち」は脚本が鈴木聡だということと、四国のお遍路が舞台になっているということで、全4回のうちこれで前半の2回分をリアルタイムで見てしまった。

 番組のホームページによると、四国遍路とは、今からおよそ1200年前に弘法大師が修行した足跡をたどって、四国の八十八ヶ所の霊場を巡拝することをいうのだそうだ。
 ドラマの中でちらっと写った地図では、四国のお遍路の道筋は、ほぼ四国を大きく一周するような感じに見えた。
 あと、ドラマの中で繰り返し語られるので印象的なのだけれど、お遍路というのは「一人で歩く」ものらしい。このドラマでは7〜8人がつかず離れずで歩いているのだけれど、それでも何度となく「一人で歩かなくては意味がない」という台詞が聞かれる。歩くうちに、自分と弘法大師と四国の自然と、それ以外のものは何もなくなってゆく、らしい。

 四国の八十八ヶ所の霊場を巡るとその行程は1400km以上で、そこを40日間くらいで歩くそうだから、一日平均30km以上歩くことになる。しかも、決して平坦な道ばかりではなさそうだ。
 でも、何だかお遍路に行ってみたくなる、(実は私は四国にすら足を踏み入れたことがないのだけれども)実際に歩いているような気になってしまうドラマである。

2006年11月11日から全4回 毎週土曜日午後9時から
NHK総合「ウォーカーズ 迷子の大人たち」
番組のホームページはこちら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.11.12

パナソニックスペシャル「チンギスハン 史上最大の帝国800年目の真実」を見る(予定)

 テレビ朝日系列で2006年11月18日(土曜日)午後7時から、パナソニックスペシャル「チンギスハン 史上最大の帝国800年目の真実−世界をつなぐユビキタス社会の夜明け−」という番組が放映されるそうだ。高橋克典が案内役を務める。

 番組ホームページを見たのだけれど、モンゴル帝国とユビキタス社会とがどうつながるのか、チンギス・ハンが目指したものはユビキタス社会だったというのはどういうことなのか、よく判らなかった。チンギス・ハンは「情報」を重視したというところから、ユビキタス社会までどういう風につながるのか、とても興味深い。
 ぜひ見ようと思う。

2006年11月18日(土曜日)午後7時から
テレビ朝日系列 パナソニックスペシャル
「チンギスハン 史上最大の帝国800年目の真実
 −世界をつなぐユビキタス社会の夜明け−」
番組のホームページはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.11.11

「水曜どうでしょう」のDVDを見る−サイコロ3後編−

 友人に借りた「水曜どうでしょう サイコロ3〜自律神経完全破壊〜」のDVDの後編を、ついつい一気に見てしまった。可笑しすぎて止められない、かっぱえびせんのようなDVDだ。








***以下、ネタバレ有り***








 繰り返し書いているような気もするけれど、「水曜どうでしょう」というのは、北海道テレビで放送された地域ローカル深夜放送番組のタイトルである。多分、そうだと思う。

 この「サイコロ3」の前編では、東京から札幌に帰ろうとして、サイコロの目に今使える交通手段で行ける場所を適当に(というか、番組的に盛り上がるように適当に意地悪に)ディレクターが設定し、番組のキャスト2人(企画も担当した鈴井貴之と、確か北海道の劇団に所属している大泉洋)がサイコロを振って出た目のとおりに旅をして、淡路島にたどり着いたところで終わった。
 これでは札幌に帰ろうという所期の目標は達成していないではないか、ということで、淡路島から札幌に「サイコロの旅」で帰ろうというその旅の行程がこの後編である。しかも、前編の旅から月曜日に帰ってきて、その週の金曜日に後編の旅に出発したらしい。流石に「自律神経完全破壊」と銘打つだけのことはある過酷さだ。

 前編ではそこはかとなく出演者のお二人に漂っていた余裕が、後編では消え失せ、どんどん悲惨になってゆく。ヘリに酔い、風邪をひき、泪目になる。ますます不機嫌になってゆく。
 その様子が、申し訳ないのだけれど、とにかく可笑しい。やっぱり、パっとした。

 これで、「サイコロ3」は(特典映像も含め)全て見終わってしまった。
 でも、「ヨーロッパ21カ国完全制覇」もお借りしている。まだ、大丈夫だ。

 番組の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.09

世界ふしぎ発見!「インカ道で、奇跡の天空都市へ!」を見る(予定)

 TBS系列で放映されている「日立 世界ふしぎ発見!」という番組で、来週の土曜日(2006年11月18日)に、「インカ道で、奇跡の天空都市へ!というテーマが取り上げられるそうだ。

 番組ホームページを見たところ、

********************

 インカ帝国が広大な領土に張り巡らせたインカ道を
 当時の人たちと同じように歩いて
 マチュピチュに向かいます

 その過酷な道のりには
 インカの本当の姿を伝える重要な手がかりが!
 謎に満ちた世界遺産の秘密がインカ道から明らかに!

********************

 という惹句が踊っていた。
 2004年にペルーに行ったときには、インカ・トレイルを歩くことはしなかった。その後、人数制限等が行われるようになっているという話も聞く。ぜひ見てみようと思う。

2006年11月18日(土曜日)午後9時から
TBS系列 日立 世界ふしぎ発見!
番組のホームページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.05

「水曜どうでしょう」のDVDを見る−サイコロ3前編−

 今年の5月に友人から「水曜どうでしょう」のDVDを貸してもらって見たら、もの凄く可笑しくて笑えて楽しかった。








***以下、ネタバレ有り***








 「水曜どうでしょう」というのは、北海道テレビで放送された地域ローカル深夜放送番組のタイトルである。多分、そうだと思う。

 前回お借りした「サイコロ2〜西日本完全制覇〜(1996年12月25日・1997年1月8日放映)」と「オーストラリア大陸縦断3,700キロ(1997年1月29日〜2月19日放映)」に続いて、「サイコロ3〜自律神経完全破壊〜 前編/後編 完全版」と「ヨーロッパ21ヶ国完全制覇」を貸してもらった。

 何だかその後バタバタしてしまってしばらく見ていなかったのだけれど、この3連休で「サイコロ3〜自律神経完全破壊〜」の前編を見ることができた。
 やっぱり可笑しい。つい、笑ってしまう。
 飛び飛びにしか見られなかったのだけれど、そもそも(恐らくは)30分番組で、予告編などもそのまま収録されているので全く問題なかった。このことにもっと早く気がついていれば・・・。

 この「サイコロ3」も、東京から札幌まで、サイコロの目に今使える交通手段で行ける場所を適当に(というか、番組的に盛り上がるように適当に意地悪に)ディレクターが設定し、番組のキャスト2人(企画も担当した鈴井貴之と、確か北海道の劇団に所属している大泉洋)がサイコロを振って出た目のとおりに旅をする、という流れだった。
 東京から札幌に向かわなくちゃいけないのに(しかも、3日目の午後にラジオの生放送が待っているのは「サイコロ2」と同じである)、西日本にずっといる。しかも、3日目の午前中に、淡路島にゴールしていた。生放送に間に合うように札幌に帰れたのだろうか?
 この「大丈夫だったのかしら」が後編で明らかにされる、ようである。

 何だか、パっとした。
 続きも、少しずつでも、早く見よう。

 番組の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »