« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.18

「メガロマニア 第10回」を読む

 NHKスペシャル「失われた文明」に関連して、作家の恩田陸がNHK出版のサイトで「メガロマニア あるいは「覆わされた宝石」への旅」というタイトルの紀行エッセイを毎月連載している。
 その第10回が掲載された。
 メキシコの旅が終わり、新たにルートマップも掲載されていた。

 今回から、舞台がグアテマラに移った。グアテマラは何年も前から行きたいと思っているのになかなか行けていない憧れの地なので、とても嬉しい。

 恩田陸はいきなり、カンクンからティカル遺跡の最寄り空港であるフローレスに飛んでいた。
 グアテマラ初日と2日目の描写のためなのか、今回は、とても「旅行エッセイ」風である。
 ティカル遺跡は、恩田陸の小説「上と外」にも登場する場所なのだけれど、それに関する話題が何ひとつ出なかったのが意外だった。

**********

 精緻な暦と神殿を残し、彼らはどこに行ったのか。
 かつて言われたように、忽然と消えたわけではあるまい。
 彼らはゆっくりと散っていったのだ。何かに見切りをつけ、何かを捨てて、ゆっくりと遠くへ、緑のジャングルの中へ散り散りになって去っていったのだ。
 世界の終わりとはそういうものなのだろう。

**********

 この一節が、ひどく印象に残った。
 ティカル遺跡は「世界の終わり」を考えさせる遺跡のようだ。

NHK出版の公式サイト内、メガロマニア−あるいは「覆わされた宝石」への旅−のページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.04.12

「屋久島ブック 2008」を購入する

 今年こそは屋久島に行きたい、と思う。
 体力とか雨とか交通手段とか色々と心配なところはあるのだけれど、この先、心配事が増えることこそあれ、減ることはないように思う。
 それならば、「行きたい」と思ったときが行きどきである。

 何となくツアーパンフレットなども集め始めたのだけれど、本屋でこの雑誌を見つけ、即購入してしまった。
 何故だか最近「山と渓谷社」づいているようにも思う。
 こういうことは縁とか、機が熟しつつあると思うことにしている。

 それにしても、縄文杉までの道のりは遠い。
 辿り着けることがあるのだろうか、という感じである。今の体力で登る自信はとてもないのだけれど、かといって、この先「登りきる自信があります」と言える日が来るのか、かなり疑問だ。

 まだパラパラと眺めただけなのだけれど、何と雨具の話と広告が多いことか。
 流石に「1年に366日雨が降る」島である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.07

プロフィール写真を変える(伊勢神宮内宮宇治橋)

 プロフィール写真を、2008年2月24日から2泊3日で出かけた伊勢神宮で撮った写真に変更した。
 これは、3日目の朝、内宮に早朝参拝に行ったときの写真である。
 間違いなくデジカメの設定に失敗しているのだけれど(恐らくはホワイトバランスの設定ミス)、でもこれはこれで何だか格好良い写真になったのではないかとこっそり自画自賛している。

 プロフィール写真を変えるのと一緒に、旅行前の旅計画でお世話になったサイトを「伊勢志摩の支度(リンク)」にまとめた。

 AB-ROADのモアイ飛ばしのブログパーツは、片付けてしまうのも何だか惜しく、でもどうやっても28回以上のクリックができないので、一番下に追いやった。
 思い出したらまたチャレンジして、せめて30回を超えられるまでは設置しておこうと思う。

 ブログパーツを設置したとき、モアイ像を傷つけた観光客について少し触れたのだけれど、このフィンランド人観光客については、罰金17,000ドル、3年間の同島への立ち入りを禁じる判決が出されたそうだ。
 この罰が重いのか軽いのか、何だかよく判らなくなってしまった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.04.01

伊豆断食旅行の宿を予約する

 職場で新年度から体制が変わることが明らかになったのが3日前だった。
 それ以来、まだ体制が変わってもいないとうのに、小心者の私は4月1日以降のあれこれを想像しては気鬱になり、日々、疲労が募ってきていた。

 実際に新年度に入った今日、その疲労がピークに達した(ような気がした)ので、つい衝動的に、来月半ばの3泊4日で断食をする宿に申込みをしてしまった。
 ちょうどその日程で、仕事が入らないことがほぼ確実になったし、週末も特に予定を入れていなかったので、行くならそこしかない。

 多分、この1ヶ月半で疲労が取れたり突然にストレスと縁のない日々がやってくるとも思えないので、タイミングとしてはいいところだと思う。
 リセットとリフレッシュとをすることができるだろう。
 旅行の準備や下調べがほとんど必要ないというところもいい。

 その日を目指して、とりあえず何とかやっていこうと思うことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »