« 「B17 地球の歩き方 カナダ西部 2008~2009 」を購入する | トップページ | エジプト旅行記7日目その1 »

2008.08.16

「メガロマニア 第14回」を読む

 NHKスペシャル「失われた文明」に関連して、作家の恩田陸がNHK出版のサイトで「メガロマニア あるいは「覆わされた宝石」への旅」というタイトルの紀行エッセイを毎月連載している。
 その第14回が掲載された。

 マチュピチュに立った恩田陸の焦燥が語られている。
 これまでは、「場」に立てばそこでイマジネーションが浮かび、自分の中で自分とは全く別に物語が動き始めていたのに、いかにもな「マチュピチュ」という場所に立っても何も動かないことへの焦燥である。

 「写真と同じ」という感想しか浮かばないというのは、とてもよく判る。
 本当に写真で見たそのままの景色が広がっているのだ。

 そして、サンクチュアリ・ロッジでの昼食の際の描写には非常に共感した。
 外国で、日本人に「どこに行っても日本人がいる」と本当に嫌そうに言われたときの違和感と、そう言っているアンタだって日本人だろうと言い返してやりたくなる気分とは、本当によく判る。

 そして翌朝、恩田陸がマチュピチュの上を真横に流れる雲を見ているときに、待望のイマジネーションがやってくる。
 この「少女」は、アイルランド(イギリスだったかも)で恩田陸が見かけた手紙を書いている少女と同じ少女なんだろうか。
 このイマジネーションがストーリーを得た小説を早く読んでみたいと思った。

NHK出版の公式サイト内、メガロマニア−あるいは「覆わされた宝石」への旅−のページはこちら。

|

« 「B17 地球の歩き方 カナダ西部 2008~2009 」を購入する | トップページ | エジプト旅行記7日目その1 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

*200409ペルーのその後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「メガロマニア 第14回」を読む:

« 「B17 地球の歩き方 カナダ西部 2008~2009 」を購入する | トップページ | エジプト旅行記7日目その1 »