« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.18

「世界のエコツアー」を見る

 2009年5月17日(日曜日)の21時40分からNHK BS-1で放映された「世界のエコツアー」という20分の番組を見た。
 毎週この時間に放映されている番組なのかも知れないのだけれど、私は初めて見た。
 チャンネルをパチパチ変えていたら、ふと心惹かれる映像が出たのだ。
 この日のテーマは「アマゾン源流の密林へ ペルー」だった。

 実際に2004年にペルー旅行したときも、クスコやマチュピチュなどシエラと呼ばれる高地地帯と、ナスカの地上絵ピンポイントだけれどコスタといわれる砂漠地帯だけで、セルバというジャングルには全く足を踏み入れなかった。
 というよりも、ペルーにジャングルがあるなどとは全く考えもしなかった。

 しかし、ペルーの国土の1/2はジャングル地帯なのだそうだ。

 この番組では、マヌー(だったと思う)という名のロッジに宿泊して、ジャングルの中を歩いたり(水と栄養分をアンデスからの伏流水でまかなえるペルーのジャングルでは、植物にとって「光」を吸収することがとてもとても難しく、「光」を浴びるために歩いてしまう木まであるそうだ)、三日月湖で静かな手こぎのボートで野鳥たちを驚かさないように観察したり(なんとかアカバトだったか、お腹が赤いとても綺麗な鳥がいて、ガイドさんも「見られるなんてラッキー」と呟いていた)、土の壁(というか崖)に沿って作られた観察小屋(というよりはもうちょっとリッチな感じ)から、200羽以上集まる体長1mにもなる色鮮やかなインコを観察したりといった「エコツアー」が紹介された。

 マチュピチュだけでないペルーも、やっぱりとても魅力的だと思う。

2009年5月17日(日曜日)21時40分から
NHK BS-1「世界のエコツアー〜アマゾン源流の密林へ ペルー〜」
NHKの公式Webサイト内、「世界のエコツアー〜アマゾン源流の密林へ ペルー〜」の紹介ページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.17

香港旅行記の入口を作る

炊き込みごはん ここは、友人と出かけた香港旅行記への入口である。
 のんびりまったり、食べ歩きオンリーの香港はかなり楽しかった。

 以下の日程をクリックすると、その日の旅行記に飛べるようになっている。

1日目 2009年2月8日(日曜日) 成田 -> 香港(泊)

2日目 2009年2月9日(月曜日)その1 香港(泊)

2日目 2009年2月9日(月曜日)その2 香港(泊)

3日目 2009年2月10日(火曜日) 香港(泊)

4日目 2009年2月11日(水曜日) 香港 -> 成田

 

その国の旅を終えて 100の質問 (香港編)

持ち物リスト (香港編)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.05.09

ハトヤホテル旅行記の入口を作る

鳩の置物 ここはハトヤホテル旅行記への入口である。
 以下の日程をクリックすると、その日の旅行記に飛べるようになっている。


 この1泊2日のハトヤホテル旅行にかかった費用は、1人分で概算2万6000円だった。(この中には、交通費、宿泊費、食費などは含まれているが、お土産代は含まれていない。)


1日目 2009年3月14日(土曜日)


2日目 2009年3月15日(日曜日)


 


持ち物リスト(ハトヤホテル編)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハトヤホテル旅行記2日目

2009年3月15日(日曜日)

 旅先では超健康的になる私は7時前に目が覚めた。
 7時になるのを待って起き出し、大浴場に出掛ける。昨夜と今朝とは違うお風呂に入れるようになっていて、今朝の方が小さめの大浴場だということが判った。
 狭いせいか、何だかやけに混雑しているように感じる。
 やはり、メインは人魚の像があるお風呂の方だったらしい。

朝食 朝食はバイキングで、会場はステージ館1階の「きっと派手な舞台機構をたくさん持っているだろう」大レストランだ。
 和食と洋食と両方が用意されている。
 バイキングと言われると何だかパン食をしたくなるので、こんなメニューになった。
 考えてみたら、せっかく伊東に来たのだし、鰺の干物や佃煮、海苔などで純和風の朝食を狙ってみても楽しかったかも知れない。
 1時間くらいかけてゆっくりといただいた。

 午前中のうちに実家に帰らねばならないという友人は9時45分の送迎バスに乗って伊東駅に向かい、残る二人でチェックアウトし、サンハトヤに行く送迎バスに乗り込んだ。
 ハトヤホテルに宿泊すると、サンハトヤの「海底温泉 千石風呂」の無料利用券がもらえる。
 ただし、タオルやバスタオルの貸し出しは別料金になるという。

サンハトヤ サンハトヤは海沿いにあり、CMでお馴染みの「海底風呂」がある。この「海底風呂」も大小あるようで、この日に女湯が割り当てられていた方がよくパンフレットなどで見る「大きい方」のお風呂だったのかどうか、結局よく判らなかった。
 とりあえず、水槽には大きな亀が何頭もいて、泳いだり沈んだりしていた。

 海底風呂は水槽がすぐ隣にあるせいか、何となく暗く感じられる。
 ハトヤホテルにはない露天風呂がこちらには併設されているので、陽の光を求めて早々にそちらに向かった。
 いいお天気だ。日陰を選び、ほとんど半身浴のような感じでおしゃべりに興じる。
 ふと気がついたら、2時間近くを過ごしていた。

海 風呂上がりのビールが飲める場所を探しつつ、サンハトヤを探検する。
 友人の旦那様がハトヤホテルと聞いて「三段逆スライド方式!」とまずそこを思い出して叫んでいたらしい。確かにサンハトヤには釣り堀があり、その料金表にはキッパリと三段逆スライド方式と書かれていた。
 要するに、たくさん釣れると一匹当たりの値段が安くなるような値段設定のことをそう呼んでいるようだ。

 サンハトヤのお土産物屋さんでハトヤサブレ(ハトサブレよりも鳩の意匠が凝っているように感じられる)と、ハトヤホテルのオリジナルらしい練りワサビを購入する。
 友人は、昨日からずっと気にしていた、ハトヤホテルのマスコットの「鳩」がついたキーホルダーを嬉しそうに購入していた。
 確かに可愛い。赤、白、黄色、緑の4色が揃っていて、白がお勧めである。

昼食 サンハトヤから伊東駅に向かうバスはお昼の時間帯には走っておらず、13時30分まで待たなければならない。
 お昼の時間帯にいる客のランチ需要は絶対の逃すまいという気合いの感じられる運行時刻表である。
 お腹も空いたことだし、風呂上がりのビールも飲みたいし、かの有名な「大漁苑」でお昼ごはんを食べることにした。
 昨日のお昼に鰺のたたきとまつり寿司とでどちらにしようか迷ったので、ここは待望の鰺のたたき(1680円)を選んだ。
 美味しい。
 お風呂上がりの生ビールもこれまた美味い。

 伊東駅に戻ってコインロッカーに荷物を預け、踊り子号に結構空席があることを確認して安心し、そのままお散歩した。
 出発前に伊東市・伊東観光協会のホームページで確認したところによると、伊東駅近くの伊東公園と松月院で、ちょうど桜が咲いているらしい。
 地図で見たよりも狭いと思った伊東公園は、確かに平地の部分は狭かったし桜も1〜2本あるかないかだったけれど、奥が小高く崖というか丘のようになっていて、土と木で階段が刻まれている。縦に長い公園のようだ。

別邸跡桜

 その階段を上がると、上が少し広くなっていて、芝生のようなところに石が丸く並べられ、半ば埋まっているのが恐らく「李王家別邸跡」だろう。左手前に白く点々と散っているのは桜の花びらである。
 その並びに割と立派な桜の木があって、桜の花が散り際といった風情だった。
 友人と二人で写真を撮りまくる。

 広場を出て階段を下り、今度は明らかに神社の入口だろう石段を上る。
 そこが「桜が咲いている」という松月院だろうと思ったらどうも違う。
 考えてみれば、「松月院」と名乗るからにはお寺だろうし、そこは石段といい、鳥居といい、どこからどう見ても神社である。

夏みかん 階段を下るのではなく、境内からそのまま道路に出られた。
 神社を出たところに夏みかんの木があって、その向こうに青い空と青い海が見えたときには何だか得をした気分になった。
 夏みかんがどうして春3月にたわわに実っているのかよく判らない。しかし、「みかんと青い海と青い空」なんて、いかにも伊豆な光景である。

 夏みかんと海の景色に満足し、松月院は諦めて駅に戻ろうかと周りを見回したところで、赤い幟が見えた。
 赤い幟とくれば、お寺か神社か甘酒屋と相場が決まっている。

松月院正門松月院庭 行ってみると、そこがやはり目的地である「松月院」だった。
 目的の場所に辿り着けたことに満足する。
 しかも、意外とちゃんとしたお寺で、意外すぎるくらいちゃんとしたお庭が整えられている。そして、このお庭からも海を眺めることができ、桜が咲いて、少し濁った池の水面に映っている。
 なかなか風情のあるお庭だ。

 ふらふらと駅に戻る途中、桜の木の間を飛び回るめじろを発見し、鳥好きの友人の目が光った。
 そういえば、彼女はハトヤホテルの「鳩」グッズにも目の色を変えていた。
 「撮って!」と言われて狙う。小鳥の動きは素早く、私のカメラは初動が遅いので、なかなか捉えることができない。
 しかも、撮ってその場で確認したときには何枚かめじろが写っていた筈なのに、さっき探したところ、いくら目を皿のようにしても淡いグリーンの小鳥の姿を見つけることができなかった。

江戸屋外観江戸屋店内

 駅前の商店街に戻り、パン屋とカフェが併設されている「江戸屋」に入った。
 随分歩いたし、喉も渇いたし、休憩である。
 名物らしいホットアップルパイ(バニラアイス添え)が美味しそうだった。すでに今日の分は売り切れていて、食べられなかったのが悔しい。
 アイスカフェオレをいただき、アップルパイの代わり(?)に哲学者の方が描いた絵をデザインしたというミニトートバッグを自分土産に購入した。

 江戸屋の向かいにあった干物のお店で鯖のみりん干しとエボ鯛の開き(全部で1000円強)を買った。
 友人はその隣にあった酒屋さんで地ビールを購入している。彼女はビール好きで、特に地ビールには目がない。4種類あるうちの1種類が売り切れていて、とてもとても残念そうだった。

 お土産も買い込んだしそろそろ帰ろうと15時前に駅に戻ると、今日の東京方面行き踊り子号の指定席がほぼすべて売り切れていた。
 さっき見たときにガラガラだったのは一体何だったんだろう、という感じだ。そこで買っておくべきだったらしい。
 下田からやってくる踊り子号の自由席に座れるとも思えず、伊豆急行の普通電車で熱海まで出て、そこからこだまに乗って東京に帰ることにした。

 東京駅に着いたのは17時30分前くらいである。
 踊り子号で帰るよりも、所要時間としては新幹線を利用した方が早い。
 こうして、のんびりまったりのハトヤホテルの旅は終わった。

 ハトヤホテル旅行記1日目はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハトヤホテル旅行記1日目

2009年3月14日(土曜日)


 10時30分に東京駅の新幹線中欧改札口に集合した。女3人旅の始まりである。
 ところがこの朝、目覚めてみれば、電車が強風のためストップしていた。
 雨ではないけれど、やはり、雨女の面目躍如といったところである。
 友人二人に「遅れるかも」とメールして、計算よりも早めに家を出た。


 迂回した電車がことごとくタイミングぴったりに来て、混雑した電車に乗らざるを得なかったものの、ほぼオンタイムで待ち合わせ場所に到着できた。
 ホームでペットボトルのお茶を買い、10時56分発のこだまに乗って出発である。


 電車の中で友人が持ってきた「iPod Touch」でハトヤホテルのCMを繰り返し眺め、聞き、大いに気分が盛り上がった。
 私が一番よく覚えているのは、サンハトヤができたばかりの頃だろうCMで、ねじりはちまきに法被の女の子が海をバックに「前は海、後ろはハトヤの大漁苑〜。」と歌うCMだ。その他にも全部で5〜6種類もあるらしい。びっくりである。


 熱海駅で伊豆急行のリゾート21 黒船号に乗り換える。
 友人はこの黒船号がいたくお気に召したらしい。リゾート21は海に向いた座席があって居心地がよい上、各駅停車だから特急料金がかからないところが素晴らしい。
 お昼頃、伊東駅に到着した。
 風は多少強いものの、このまま雨には降られずに済みそうである。


きなし 今回の旅の指南役は、友人がコピーを持ってきてくれた週末ジャパンツアー (杉浦さやかの旅手帖)という本の、その名も「ハトヤ・ワンダーランド」という章である。


 その本のお薦めに従い、お昼ごはんに伊東駅前の商店街にある「きなし」でまつり寿司(840円)をいただいた。
 このそぼろは、鯛のそぼろだったと思う。箸使いの悪い私にはかなりの難関でぽろぽろこぼしつつ、ぎゅっと詰まったお寿司を完食した。


まつり寿司 食べ終わったらもう14時を回っていた。お天気も、崩れそうではないけれどポツポツ来そうな微妙な辺りだったので、このまま真っ直ぐ本日の宿に向かう。
 もちろん、向かうはハトヤホテルである。
 駅の改札を出たところに停まっているバスはサンハトヤ行きで、ハトヤホテル行きのバスは道の反対側に停まっていた。


 後日にインターネットで見たところでは、サンハトヤよりもハトヤホテルの方がクチコミの評判がよく、かつ、サンハトヤよりもハトヤホテルの方が予約が取りにくいようだ。
 この違いはどこから出ているのだろう。


 電車の中から見えるのは「ホテル・サンハトヤ」で、ハトヤホテルは山の上にあって電車からは見ることができない。
 やけに細い急な坂道をくねくねと上り「私には運転できない・・・」と思っていたら、ハトヤホテルに到着した。
 3人で何故か異様に盛り上がり、「ハトヤホテル」という看板に興奮し、きゃーきゃー言いまくる。はっきり言って、怪しい客である。


ステージ館 チェックインし、フロントにあった「ハトヤホテル」のタグなども頂いて、とりあえずお部屋でまったりする。
 私たちが案内されたのはステージ館という一見リゾートマンション風の建物だ。建物の外壁に滝があるところがポイントである。


 エレベータに下層階のボタンがなかったのでホテルの方に聞いてみたら、「ステージ館」の名のとおり、1階にはステージつきの大レストランがあって、その上下のフロアにはステージのための機構が詰まっているという。
 今現在はその機構を使った大がかりなステージは行われていないそうだ。残念である。


 お部屋は和室で、海が眺められるのが嬉しい。大きな窓のあるお風呂もついていて、半露天気分で温泉も楽しめる。
 ウワサどおり、床の間には鳩の置物が飾られ、お部屋に用意されたお菓子が「ハトヤサブレ(ハトサブレではない)」ところもポイントである。
 楽しい。


ハトヤ消防隊 ハトヤホテルに来たからにはこれを見ずには帰れるまいと、何はともあれ消防車を見に行く。
 女3人旅の好奇心はこういうところで発揮される。
 確か、この消防車は一般道を走ることはできず、あくまでもハトヤホテル敷地内での火事にしか対応できなかったと思う。サンハトヤで火事があっても駆けつけることはできない。
 もっとも、車庫の中に入り込んだ友人によると、車庫内には色々とモノが置いてあって、迅速な出動は望めそうにないらしい。「出動したことのないハトヤ消防隊」が自慢であり、あるべき姿なんだろう。
 「ハトヤ消防隊」のこの文字は、夜になると光るようだった。芸が細かい。


卓球 ハトヤホテルに行ったら卓球をしようと決めていた。
 ゲームコーナーの隣の微妙に狭い空間に3台並んだ卓球台を発見して早速始める。
 何故かシャンデリアが下がっているこの場所での卓球が異様に楽しい。友人二人のプレイを動画で撮影する。
 温泉宿では、不思議と隣の卓球台に「やたらと卓球の上手い人」がいるものである。この悪条件下での見事なプレイに心の中で拍手する。
 ついでに、隣にあるゲーセンにも寄り、友人を無理矢理誘って全然知らない曲で「太鼓の達人」に挑戦した。自分のダメっぷりがこれまた可笑しい。


屋上より ハトヤホテルは増築に増築を重ねて今の姿になっている。
 うろうろしていると、自分がどこにいるのか判らなくなってくる。
 最初は「室内プールを見てやろう」と探検していた筈が、ふと気がついたら「ハトヤホテル」という看板を背負った屋上に出ていた。
 空も晴れ渡り、青い海がくっきりと見えて気持ちよい。
 「ハトヤホテル」の看板をバックに3人で記念撮影をした。この綺麗な青い海をバックに撮ったのではないところがポイントである。
 何しろ、今回はハトヤホテルの旅である。


夕食 夕食前に、いかにも「職人」といった風情のおじさん2名が登場し、手際よいという言葉では追いつけないくらい手際よくお布団を敷いてくださる。
 そして、19時に個室の食事処に向かった。
 ハトヤホテルといえば、「バイキングでわたあめ」というイメージだ。今回は、インターネットで探し回ったところ、個室での食事になるこのプランにだけ空きがあったのだ。
 夕食はなかなか豪華で、鰒のステーキまで出たのが驚きだった。
 多分、私にとっては生涯で4回目の鰒である。
 混雑していたのか、ビールをお願いしてもなかなか出てこなかったのが唯一のマイナス点である。


 食休みをして21時頃、大浴場に行った。
 ハトヤホテルでは、夜中に入れ替え制でお風呂を両方満喫することができる。男風呂の方が大きく立派に作った時代の名残かなと思う。
 最近作られたホテルや旅館の大浴場は、全く同じか、逆に女風呂の方を広めに作ったりしていることが多いように思う。


 お風呂にも鳩の置物が仕込まれ、何故かケースに入った大理石の人魚像が飾られている。時代だ。
 大きなヒノキ風呂もあってなかなか気持ちがよい。
 露天風呂がないのが惜しい。


 そして、もう一つ残念だったのは、お風呂に行く途中、すでに終了して片付けが始まっているわたあめ製造器を見かけたことである。こんな場所でやっているとは気がつかなかった。
 私は「わたあめを作る」というのをやりたくて、友人は「わたあめを食べたい。」と言っていたので、ちょうどよかったのに、残念だ。


 お風呂から上がってお部屋に戻ってからは、持参のアイスワインを飲んだり、えびせんをいただいたり、ぽんかんをいただいたり、「まったりモード」が全開になった。
 お腹がいっぱいになってお風呂に入ってお酒を飲んで、眠くなった私たちは健康的なことに23時前に就寝した。


 ハトヤホテル旅行記2日目はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.07

160000アクセス達成!

 2009年5月3日にADSLモデムの調子がおかしくなって、更新どころかインターネットにアクセスすることすらできていなかったのだけれど、その間の2009年5月5日、どなたかが160000アクセス目を踏んでくださっていたようだ。
 今頃になって気がついて申し訳ない。

 ちなみに、これまでの経過は以下のとおりである。
 スタート 2004年9月1日
 10000アクセス 2005年7月17日
 20000アクセス 2005年11月16日
 30000アクセス 2006年3月30日
 40000アクセス 2006年8月1日
 50000アクセス 2006年11月22日
 60000アクセス 2007年5月16日
 70000アクセス 2007年9月6日
 80000アクセス 2007年12月28日
 90000アクセス 2008年3月14日
100000アクセス 2008年6月15日
110000アクセス 2008年8月12日
120000アクセス 2008年9月23日
130000アクセス 2008年11月9日
140000アクセス 2008年12月27日
150000アクセス 2009年2月21日
160000アクセス 2009年5月5日

 こうして続けていられるのは、遊びに来て、読んでくださる方のおかげです。
 ありがとうございます。
 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 とりあえず、GW中にハトヤホテル旅行記の下書きをしてあるので、できるだけ早くアップできるようがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »