« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.29

奥日光旅行記2日目(引っ越しました)

*****

 奥日光旅行記は引っ越しました。
 以下のリンクからご覧ください。

*****

1日目 2009年6月28日(日曜日)

2日目 2009年6月29日(月曜日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.28

奥日光旅行記1日目(引っ越しました)

*****

 奥日光旅行記は引っ越しました。
 以下のリンクからご覧ください。

*****

1日目 2009年6月28日(日曜日)

2日目 2009年6月29日(月曜日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥日光旅行に出発する

 妹夫婦と母と私の4人で旅行ということで、行き帰りの足が別だったり、ホテルで現地集合だったり、正直、いろいろと面倒くさいことがありつつも、何とか出発の準備が整った。

 母のリクエストは「歩く」なので、ここ1週間ばかり毎日のように天気予報を気にしていたのだけれど、私の雨女ぶりは健在のようだ。
 しかも、最高気温が20度だったり18度だったりする予報はどうしたことだろう。
 荷造りに困ってしまう。

 そういうわけで、出発直前まで出し入れした持ち物リストは以下に。

続きを読む "奥日光旅行に出発する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.27

裏磐梯の宿を予約する

 母に、夏にどこか行きたいところはあるかと尋ねたところ、何故か「裏磐梯の五色沼とか歩きたい」という答えだった。

 東北とはいえ、夏に行ったら歩くどころじゃなく暑いんじゃなかろうかと思いつつ、ご希望通り、五色沼を歩くのに便利そうな裏磐梯猫魔ホテルを予約した。
 何しろ、母は免許を持っていないし、私は運転に自信がないので、公共交通機関で動けることとか、車がなくても目的地へのアクセスがいいとか、そういう条件は外せないのである。
 東京からホテルまでの送迎バスが出ているのも高ポイントだ。
 そして、猫魔温泉というのは、かなり質のいい温泉らしく、それも楽しみである。

 行き帰りの足が予定できて、ホテルからすぐ歩けるのであれば、下調べもほとんど必要あるまいという目論見なのだけれど、果たしてうまく行くだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.21

ツアーの申込書を送付する(ベネズエラ)

 先週の水曜日(2009年6月17日)くらいに届いていた旅行社からの分厚い封筒をこの週末になってやっと開けた。

 旅行申込書や、ESTAの説明書、申込金の請求書や旅行パンフレットなどが入っている。
 その他、旅行社が主催するセミナーなどの案内も入っていた。
 何だか注意事項が多くて、旅行ブルーに突入しそうになってしまった。

 申込金(30000円)の振込期限は、6月23日で、ぎりぎりというところである。
 慌てて、昨日のうちにネット銀行から振り込んでおいた。

 申込書も記入して、ESTAについては自力で簡単にできてしまったので「自分で手続きします」という用紙に署名押印する。
 ツアーの申込書には押印欄などないのに、何だか不思議な感じである。
 これら2つは、本日投函した。

 申し込みをしてしまうと、雨女の私が雨期に晴れてほしい場所に行くのは大いなる間違いなのではないかという気分がひしひしと押し寄せてくる。
 困ったものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国への渡航認証を取得する

 2009年1月12日から、米国に入国する際には(乗り継ぎの場合も含めて)、短期の商用・観光目的で渡航する、ビザ免除プログラム参加国のビザなし渡航者は、米国行きの航空機や船舶に搭乗する前に、オンラインでと公認証を受けることが義務づけられた。
 はっきり言って、米国に入国したいと思っているわけではない、単に乗り継ぎをするだけで入国させられるなんて酷いと思っている私などには、迷惑な話である。

 この夏に計画している旅行で、米国乗り継ぎをすることになった。
 旅行社からの案内では、旅行社に頼むとこの事前電子渡航認証システム(ESTA)の申請を代行してもらうと5775円かかるという。
 もったいない。

 なので、早速、自力でESTA申請を行うことにした。
 これであまりにも難しかったり失敗したりしたら、旅行社に頼めばいいやと思ったのである。

 ESTAオンライン申請のWebサイト(https://esta.cbp.dhs.gov/)に行き、日本語ページを開き、画面上で指示されるままに入力する。

 必須入力項目は、氏名、生年月日、性別、国籍、居住国、パスポートの番号・発行国・発行年月日・有効期限だけである。
 渡航情報(利用する航空会社とか便名とか米国内の住所とか)は、必須入力項目ではなく、後で更新することもできる。
 その他、入国カードみたいな質問(「伝染病にかかっていますか?」など)がいくつかある。

 ものの5分で申請は終了し、申請から1分もかからずに渡航認証許可のページが表示された。
 曰く「あなたの渡航認証は許可され、ビザ免除プログラムに基づき米国に渡航することができます。この回答は、米国への入国を保証するものではありません。最終決定は入国値で米国税関国境警備局審査官が行います。」ということである。
 まずは、よかった。
 ここでお断りされていたら話にならない。

 また、「国土安全保健省(DHS)は控え用としてこの画面を印刷することをお勧めしますが、渡航の際に、認証のコピーの提示を求められることはありません。」とも書かれていたので、おススメに従って印刷しておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.19

黄熱病の予防接種を予約する

 今日、東京検疫所に電話をかけて、黄熱病の予防接種の予約をした。
 黄熱病以外の予防接種だと、比較的、普通の医療機関で受けることも可能なのだけれど、黄熱病だけは、近場では、東京検疫所か成田空港かといった選択肢しかなかったのだ。

 最初は、成田空港の方が空いているかなと思ったのだけれど、成田空港検疫所のWebサイト(http://www.forth.go.jp/keneki/narita/)を確認したら、21年4月30日付けで「新型インフルエンザの発生により、予防接種業務は休止しております。」という案内が出ていて、しかも再開時期は未定になっていた。

 東京検疫所では毎週火曜日に予防接種が行われているので、来週を希望したところ、7月7日以降でなければ予約できないという回答である。
 だったら、前日までに予約しろというホームページの記載は何とかしてもらいたい。
 危うく渡航できなくなるところではないか。

 7日は仕事の都合で休めないので、最短7月14日の予約をお願いしたら、渡航日を尋ねられ、「渡航日から1か月以内でなければ接種できません」という回答がさらにある。
 いや、だから、そういうルールがあるなら先に言ってもらいたい。
 ホームページにもそんなことは書いていなかったぞ!

 結局、7月28日で予約した。

 イエローカードが必要かどうか尋ねられ、8530円分の収入印紙を持ってくるよう言われる。
 名前、生年月日、アレルギー(卵とゴムともう1つ何を聞かれたか忘れた)の有無、連絡先を尋ねられる。
 37度5分以上の発熱があると接種できないそうである。

 13時40分から説明が開始され、15時までは接種可能だそうだ。
 だから、ホームページにその旨を・・・。(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.16

「B21 地球の歩き方 ブラジル 2008~2009」を購入する

 ツアーの申し込みもしてしまったことだし、本格的に下調べに入ろうと、まずはガイドブックを購入した。

 ベネズエラなどという国に行こうとすると、ガイドブックは「地球の歩き方」くらいしか思い浮かばない。
 もしかしたら他にもあるのかも知れないけれど、少なくとも職場から一番近い本屋さんでは、地球の歩き方しか見つからなかった。

 しかも、タイトルからも判る通り、このガイドブックのメインはブラジルで、ベネズエラはほんの少ししかページが割かれていない。
 正直に言って、48ページ分しかないのなら(スペイン語会話のページは除く)買わなくても良かったかもとすら感じる。

 仮に実際の旅行に持って行くとしても、該当ページを切り取って持って行くんだろうなと思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.14

「世界の果てまでイッテQ!」を見る

 毎週日曜20時から(正確には19時58分から)日本テレビで放映されている「世界の果てまでイッテQ!」を見た。
 2009年6月14日のメインテーマは、「森三中の世界の果て温泉同好会スペシャルinアイスランド」だったのだ。これは見ねばなるまい。

 アイスランドの温泉を巡るガイドとして、「アイスランドでは5本の指に入る温泉のエキスパート」と紹介された地質学者のビヨーン氏が紹介されていたけれど、4年前に訪ねたアイスランドを思い出し、「きっと温泉を研究している地質学者はそうはたくさんいないに違いない」などと意地悪なことを考えてしまった。

 アイスランドの温泉ベスト3を訪ねるという企画で、最初に出かけたのはアイスランド西部のヴァイキング温泉。
 沼地に湧き出た沼のような温泉、に見える。
 1200年前に発見されたというのだけれど、温泉って1200年も保つものなのだなぁ、と変なところに感心してしまった。よくもまあ、地下水脈やその他の変動の影響を受けず、開発もされず、生き残ったものである。

 次に紹介されたブルーラグーンはいわずもがな。
 レイキャビク空港からも近いし、アイスランドを訪れた人は間違いなく行っている筈の温泉施設である。

 次に番外のようにして紹介された「洞窟温泉」もツアーで訪れた場所だったので懐かしかった。
 4年前は50度くらいあって(何でも地震の影響で温度が高くなってしまったとか。つい最近までは適温で入れたのだという説明を聞いたように記憶している)とてもじゃないけれど、熱くて入ろうとは思えなかった。
 番組では、「男湯と女湯がある」と紹介されていたけれど、そんなのあっただろうか。
 それにしても、適温の洞窟温泉から、とんでもなく熱い洞窟温泉まで、「外気温0度のところを歩く」なんてナレーションが入っていたけれど、一体いつ頃にロケを行ったのだろうか。
 疑問は尽きない。

 最後に紹介された、No.1の温泉はギャウだった。
 「地球の割れ目」に温泉が沸き出しているというのだ。場所も紹介できないという説明も納得である。
 15mくらいあるらしい岩の割れ目を伝いおりて、ブルーに透き通る温泉に入る。
 岩と岩の間に両手を渡せば、右手は北アメリカプレートであり、左手はヨーロッパプレートなのである。
 ロマンだ。

 最後の、ゲイシールでしゃぶしゃぶという企画はよくもまあ許されたものだと思う。
 さすがアイスランドである。
 90度から100度の吹き上がる温泉でしゃぶしゃぶをしようと熱湯がかかるのも厭わず挑戦するって、あり得ないだろう。

 物足りなさも残ったけれど、でも、久々にアイスランドの映像が見られて、変わっていない感じが伝わって来て、嬉しかったし楽しかった。

2009年6月14日(日曜日)19時58分から
日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!/森三中の世界の果て温泉同好会スペシャルinアイスランド」
日本テレビの公式Webサイト内、「世界の果てまでイッテQ!」のページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツアーの仮予約を申し込む(ベネズエラ)

 ベネズエラのギアナ高地に行くツアーに申し込んだ。

 明日までに申込金を振り込めば1万円引きになったのだけれど、今月はじめにmacを吹っ飛ばして何だか申し込みをするのがおっくうになってしまい、ふと気がついたら今日になってしまったのだ。

 惜しい。

 ベネズエラに入国する際にイエローカードは必要ないけれど、黄熱病の予防接種を受けることを推奨されている。
 夏休みの旅行の人で混雑する前にできればすませてしまいたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.11

「メガロマニア」を読む

 NHKのサイトで連載していた恩田陸の「メガロマニア」がついに単行本にまとまった。

 私が行ったことのあるペルーと私が行きたいと思っているグアテマラの旅の行程は少なく、グアテマラと近くてマヤ文明の遺跡も多いのに何故か興味を惹かれないメキシコが旅行のメインなのが残念である。

 でも、恩田陸の小説は好きだし、旅行記も(旅行記というよりも、妄想記といった方が近い感じがする)楽しいし、何より「これから小説になるカケラ」がちりばめられている感じが好きなのである。

 旅行記としてはかなりのんびりというのかまったりとした感じが漂う。
 何度も飛行機に乗り、専門家の解説を受け、この旅行記とは別に「マヤ文明」や「インカ文明」などをテーマにした本にも文章を書き、膨大な写真も撮っているのに、なぜだか読んでいるとまったり感が漂うのが不思議である。
 メキシコやペルーやグアテマラが「そういう場所」だということだろうか。

 私も行ったことのある、行きたいと思っている場所を舞台に、あるいはモチーフに、恩田陸はどんな小説を紡ぎだすのか。
 そういう楽しみも待っている、旅行記らしからぬ旅行記である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »