« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.24

奥日光の宿を予約する

 妹が結婚した頃から、毎年夏に母と2人で旅行するのが何となく定番になっている。
 旅行と行っても、1泊2日で近場の温泉にという感じである。

 それで、今年はどこに行きたいかと聞くと「涼しいところがいい」と言う。
 なので、最初は軽井沢や白馬、八ヶ岳などを候補に挙げてみたのだけれど、「温泉じゃなくちゃ嫌だ」とか、「温泉が別棟にあるのは面倒くさいから嫌だ」とか、「遠くに行くのは嫌だ」などと言いだし、結局、長野県内は候補から次々と脱落してしまった。

 そんなわけで「近くて、温泉で、涼しい」という3条件を確実に備えているところ、という新たな選定基準により選ばれたのは「奥日光」だった。
 昨年は、わたすげがぎりぎり見られる時期に行ったのだけれど、今度は真夏である。
 しかも、昨年は車で来た妹夫婦と合流したので、かなり楽をさせてもらったのだけれど、今回は徹頭徹尾、公共交通機関を使うことになるので、下調べをきちんとしておかねばならない。

 まずは、今日、宿の予約をした。
 2009年に泊まった宿は、母とテレビの旅番組を見たときにチェックしていた宿だったのだけれど、2人とも「テレビの方が良かったかも」という評価だったので、違う宿を選んでみた。
 足は、もう少し後になってからでいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.11

「古代マヤ・アステカ不可思議大全」を読む

 エジプト旅行に行く前には「古代エジプトうんちく図鑑」を読んで、トリビアを含む様々な知識を詰め込んだ。
 エジプト旅行に行くなら、絶対に「古代エジプトうんちく図鑑」を事前に読むことをお勧めする。

 その「古代エジプトうんちく図鑑」の著者である芝崎みゆきが、満を持して出した「エジプト」「ギリシャ」に続く1冊が、この「古代マヤ・アステカ不可思議大全」である。
 エジプトでは、歴史と旅行記が1冊にまとまっていたのだけれど、こちらはとてもではないけれど1冊に収まりきる量ではなく、この「歴史」「謎」「意匠」をまとめた不思議大全と、旅行記との2分冊になっている。

 まずは、「古代マヤ・アステカ不可思議大全」から読み始めた。

 基本的には漫画エッセイという形式、だと思う。
 自身を主に描いた漫画部分のシンプルさと、これでもかと精巧に描写した遺跡等々のスケッチとの差の激しさが楽しい。
 そして、文字という文字が全て手書きであることもポイントである。

 ケラケラ笑って読んでいるうちに、何だか豆博士にはなれたような気分になれる。
 でも、そこに詰め込まれた情報量の多さは、巻末の参考文献一覧を見れば一目瞭然である。

 絶対にグアテマラに行こうと再度心に決めた。
 でも、この本を読んでいると、メキシコにも行かねばなるまいと思ってしまうところが難といえば難である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.06

箱根旅行記(2010)の入口を作る

なだ万の主菜 ここは職場の友人たちと出かけた箱根旅行記(2010)への入口である。
 以下の日程をクリックすると、その日の旅行記に飛べるようになっている。

 この1泊2日の熱海旅行にかかった費用は、概算2万5千円だった。(この中には、交通費、宿泊費、食費、遊覧船などの観光費用は含まれているが、お土産代は含まれていない。)

1日目 2010年5月8日(土曜日)

2日目 2010年5月9日(日曜日)

 

持ち物リスト(箱根2010編)

 出発前に旅行計画を立てるときに利用した主なサイト(一緒に行ったお姉さんにおんぶに抱っこだったので、私はほぼ全く下調べはしていない)、旅行記本文中にリンクを張ってある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根旅行記(2010)2日目

 2010年5月8日(土曜日)から1泊2日で、職場のお姉様方と箱根に行って来た。


 「オヤジじゃない箱根」がそのテーマ(?)である。
 熱海1泊2日に引き続き、もの凄くのんびりゆったりした旅行になった。


 


2010年5月9日(日曜日)


 7時くらいに起き出して、朝風呂に出かけた。
 昨日は真っ暗でよく判らなかったけれど、露天風呂から芦ノ湖が少しだけ見える。やはり、露天風呂は明るいときに周りの景色を眺めながら入るのが楽しい。
 「熱海のお湯と比べてどう?」と聞かれる。残念ながら、私にはお湯の違いが判るような鼻や肌の感覚はない。


ホテルから 朝食は、なだ万での和食とレストラン ル・トリアノンでの洋食とから選ぶことができる。
 「なだ万の朝食も気になるよね〜。」と言いつつ、「でも、両方のレストランに行ってみたいよね。」と9時前にレストラン ル・トリアノンに向かった。
 レストランでは窓際の席に案内してもらい、ふと外を見ると、芦ノ湖の向こうに富士山が見えていた。
 給仕の方に「ちょっと見てきていいですか?」と声をかけ、芦の湖畔に出た。レストランからすぐ外に出ることができる。
 富士山を見ることができて満足である。


朝食 朝食はハーフビュッフェだった。
 温かいものはサーブされ、サラダやヨーグルト、パンやシリアルなどはビュッフェ形式でご自由にどうぞ、という形である。
 旅先で、しかも洋食の朝食を食べると、何故か突然に健啖家になるのはどうしてなんだろう。
 これだけの朝食をぺろりといただいた。


 ホテルのチェックアウトは11時である。
 お腹いっぱいの朝食をいただいたし、チェックアウトぎりぎりまでお部屋でのんびりし、そのまま駒ヶ岳ロープウエイに向かった。
 歩いて行けて便利である。
 荷物をコインロッカーに預け、ホテルに置いてあった割引券を使って往復1050円のところを950円でチケットを購入する。


駒ヶ岳山頂から 山頂駅に着いて、箱根元宮神社まで歩き、お参りした。
 箱根元宮神社は修復工事中だ。
 この時期のお昼近い時間だと富士山を見ることは難しいかなと思っていたら、駒ヶ岳山頂まで行くと、雲の間から富士山頂だけがちょこっとのぞいているのが見えた。
 薄い雲から雪を被った富士山頂がのぞいている姿は、富士山が空に浮かんでいるようで、ちょっといい感じだ。


 ロープウエイに乗る前に、お約束で富士山のポスターというか立て看板の前で写真撮影をしていた。
 帰りには写真ができていて、それを購入することができる。
 この商売って儲かるのかしらと常々思っていたところ、私たちの場合、4人中二人が購入したので、やっぱり商売として成立しているからこそ続いているんだと納得した。
 私は自分が写真を撮るのは好きだけれど写るのはあまり好きではないので、ほとんど購入したことがない。


 ロープウエイを降りて来て、4人で割ればバス代とそんなに大きく違うことはあるまいとタクシーでポーラ美術館に向かった。
 タクシーの運転手さんによると、やはり今年のつつじは遅いらしい。
 山の上ホテルでもほとんど咲いていなかったし、仙石原まで降りて来てやっと満開という感じだ。


ポーラ美術館入り口 旅行に出る前日くらいに、「ところで、箱根で何をするんだっけ?」と聞いたら、「ポーラ美術館に行くんだよ。」という答えだった。
 この箱根旅行の最大の目的地に着いたときには、13時近くになっていた。
 私は、ポーラ美術館に来るのは初めてだ。
 仙石原に来たこと自体が初めてのような気がする。


 「ポーラ美術館の日本画 杉山寧 不朽の名作<水>を中心に」という企画展が開催されていた。
 多分、ホテルにあった割引券を使って1700円で入館できたと思う。


 日本画と言われてもまるでピンと来ず、横山大観は美術か日本史の教科書で名前は見たことがあるな、杉山寧は知らないわ、東山魁夷ってずっと「ひがしやまかい」って名前だと思っていたのよね、平山郁夫のシルクロードの絵は好き、という感じなのは私くらいだったようだ。
 絵の感想を語ろうとすると、「この絵が欲しいわ。」「この絵は(うちに飾るには)大きすぎるなぁ。」などという下世話なことになってしまう。
 せっかく、名画を鑑賞しているのに、絵に造詣の深いお姉様方にも、そして絵にも、その作者にも、申し訳ない限りだ。


 ポーラ美術館はそんな私でも楽しめる、センスのいい美術館だった。
 私ですら「ここには一流の、ある一定の趣味に基づいて集められたコレクションがある」ということが判る。
 企画展も楽しかったし、ポーラ美術館だけあってお化粧道具やガラス工芸の常設展もあり、そちらも楽しかった。ぜひお化粧道具やガラス工芸中心の企画展を開催して欲しいと思う。


シーフードカレー 一通り巡ると、14時30分を過ぎていた。
 流石にお腹もぺこぺこで、美術館に併設されていたレストランでランチをいただく。
 白い内装で統一された、窓の外には緑が広がる、なかなか雰囲気のいいレストランである。
 私は、シーフードカレー(1470円)を頼んだ。辛口で辛すぎない、ヒットな感じのカレーだった。


 ここへ来るときに乗ったタクシーの運転手さんに、帰りは道が混むかも知れないので、ここから強羅の駅にバスで出て、そこから箱根登山電車に乗った方がいいとアドバイスをいただいていた。
 ポーラ美術館を出たときにはすでに15時30分を回っていて、あとは帰るだけである。
 箱根観光施設めぐりバスにsuicaで乗れることに驚きつつ、強羅駅に向かった。


 箱根登山電車で到着した箱根湯本駅は、2008年に来たときは工事中だったけれど、その工事も終わり、立派な駅舎に生まれ変わっていた。
 お土産物屋も割と何でも揃っている感じである。ここで慌てて職場で配るお土産を購入する。
 17時4分発のロマンスカーのチケットを押さえ、最後にお土産をがーっと衝動買いし、帰路についた。


 箱根旅行記1日目はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.04

230000アクセス達成!

 ここに書くのが遅くなってしまったのだけれど、2010年6月3日の、多分日付が変わる寸前に、どなたかが230000アクセス目を踏んでくださった。
 ここ3回、概ね2ヶ月前後で10000アクセスと安定してきている。
 私にしては、破格の数字である。

 ちなみに、これまでの経過は以下のとおりである。
 スタート 2004年9月1日
 10000アクセス 2005年7月17日
 20000アクセス 2005年11月16日
 30000アクセス 2006年3月30日
 40000アクセス 2006年8月1日
 50000アクセス 2006年11月22日
 60000アクセス 2007年5月16日
 70000アクセス 2007年9月6日
 80000アクセス 2007年12月28日
 90000アクセス 2008年3月14日
100000アクセス 2008年6月15日
110000アクセス 2008年8月12日
120000アクセス 2008年9月23日
130000アクセス 2008年11月9日
140000アクセス 2008年12月27日
150000アクセス 2009年2月21日
160000アクセス 2009年5月5日
170000アクセス 2009年7月13日
180000アクセス 2009年8月29日
190000アクセス 2009年10月11日
200000アクセス 2009年11月30日
210000アクセス 2010年1月27日
220000アクセス 2010年3月31日
230000アクセス 2010年6月3日

 こうして続けていられるのは、遊びに来て、読んでくださる方のおかげです。
 ありがとうございます。
 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »