« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015.10.25

カムチャツカ旅行記2日目その2

2015年8月9日(日曜日)


 13時少し前くらいにアバチャ山麓のベースキャンプを出発した。
 結構な雨降りになっている窓の外を見つつ、ガイドのオリガが「進行方向は明るいので、これから向かうハラクトルスキー海岸では雨が上がるんじゃないかと期待します。」と言う。
 確かに、1時間弱走ってトイレ休憩を取ったときには、雨は上がっていた。


ホソバウンラン修理中 トイレ休憩後、六輪駆動車は舗装道路に出た。
 よーしこれから気持ち良く走るぞ! という感じで舗装道路を走り始めて10分もしないうちに、バスが路肩に寄せて停まってしまった。どうやら、エンジンが不調らしい。
 運転席を跳ね上げてドライバーさんが修理している。こんなに普通の場所に普通にお花畑があるので、我々は道端に咲いているお花に夢中になった。
 ヤナギランにホソバウンラン、アザミやノコギリソウも群生している。


 六輪駆動車の故障は15分くらいで直り、そこから走ること1時間強で、本日2回目のフラワーハイキングを行うハラクトルスキー海岸に到着した。
 いつもは静かな海岸で今日はお祭りが開催されていて、ミニサッカーの大会が行われたり、20年くらい前に流行ったっぽい音楽がガンガンかけられていたり、かなり騒がしい。
 テントを張ってキャンプをしている人も結構いるようだ。
 オリガの「(お祭りのために用意された仮設トイレよりも)森の中の方がいいです。」という案内があって、お祭り会場のトイレを借りることはせず、フラワーハイキングに出発した。


海岸 まず、海岸に降りる。
 砂浜の砂が黒いことから、ハラクトルスキー海岸は、別名「黒砂海岸」とも呼ばれているらしい。
 この黒い色は、火山噴出物のうち軽い成分が風化等によって洗い流され、集積したものである。
 かなり雲が厚くなっていて、風も冷たい。ウィンドブレーカを引っ張り出して着込む。
 この海は太平洋だ。


ハマエンドウ ハマエンドウの花は紫色で、その茎は地表を這うようにして伸びている。
 花が終わると「エンドウ」の名前のとおり、さやえんどうのような形の茶色っぽい豆果をつけるという。
 また時期ではないのか、実の方は見ることはできなかった。


 添乗員さんと並んで歩いているときに、私の職業は何かという話になった。
 来るときの飛行機の中でお隣になった女性二人が荷物をあげるのに苦労されていたのでお手伝いしたところ、その様子を目撃したもう一つのグループの添乗員さんが「きっと同業者に違いない。」とおっしゃっていたらしい。
 「違います。」と答えつつ、添乗を職業としている方が添乗員付きのツアーで旅行をすることがあるのかしら、と不思議に思った。


エゾオオグルマ 「エゾオオグルマ」と教わったと思うけれど(実際、私のメモ帳にはそのように書いてある)、旅行社でもらった花図鑑には「エゾオグルマ」というお花しか載っていない。
 しかも、花の色こそ黄色で同じだけれど、どうも花の形というか様子が違う。
 この白っぽい綿っぽいものは特徴的だろうと思うのに、それについての言及がない。こういうときに「詳しくない」というのは残念なことである。


 残念といえば、ノコギリソウの一種だというお花についても同様で、日本には咲いていないお花だと聞いても感慨のようなものが浮かばない。
 正しく、豚に真珠である。
 見た目のとおり、葉っぱがギザギザしていてのこぎりのようだから「ノコギリソウ」の名前が付いているお花だ。


ハマナス この辺りで海岸から上がり、森の中を目指した。
 海岸から森に至る途中の「草をかき分けて進みます」といった場所には、ガンコウランの実がたくさんあった。
 先住民の人々は、喉が渇くと、水分を多く含むガンコウランの実を食べたという。


 もちろん、私もいくつも取って食べてみる。凄く甘いという訳ではなく(だからこそ水分補給に向いているのだろう)、クセのない、食べやすい味だ。
 一方、ハマナスも夏の終わり頃になると赤い実をつけるそうで、こちらは、ジャムにしたり、乾燥させて紅茶に入れたりするという。
 
ムラサキツメクサ ガンコウランが群生していた草むらを抜けると、今度はシロツメクサやムラサキツメクサが咲いていた。
 この辺りまでくると、周りの草花は「海岸地帯のお花」から「ツンドラ地帯のお花」に移行しているらしい。100mも歩いていないのに不思議なことである。
 シロツメクサなんて日本でもいくらでも見られると思うところだけれど、カムチャツカに咲いているシロツメクサは花が大きい。直径2.5cmくらいはありそうだ。そして、花びらが詰んでいる気がする。
 濃い紫色のお花はムラサキツメクサで、シロツメクサは紫色から急に白くなった、いわゆる「アルビノ」でとても珍しいそうだ。


エゾキヌタソウヨツバシオガマ 紫色の方はヨツバシオガマだ。通常は葉は緑色らしい。ここに咲いていたヨツバシオガマは葉っぱまで紫色になっていた。
 白いお花はエゾキヌタソウで、蜂蜜を作る助けになるお花だという。
 これらのお花は「海岸の花」ではない。随分と短い距離で植生が変化している。


お花畑 最後にお花畑を皆で一列になって抜け、黒砂海岸フラワーハイキングは80分でお開きになった。
 オリガとしては、このハイキングの途中で青空トイレタイムを取りたかったらしい。しかし、お祭りで集まっている人も多い中、「人目を避ける」ことは難しい。
 1時間くらいでホテルに帰るのでそれまで待てますか、仮設トイレを借りることもできますが、という話になった。
 ほとんどの人は「1時間くらいなら」という感じで、割とすぐ出発した。


 添乗員さんによると、前回彼女が添乗したツアーでは本当に虫が多くて、六輪駆動車の中で蚊取り線香をたきっぱなしだったらしい。そんなことをしたら喉が痛くなりそうだと思う。
 「今回は、本当にびっくりするくらい虫がいませんね。」と言っていて、それは有り難い。
 ハラクトルスキー海岸から六輪駆動車で走ること1時間ちょっとで、ホテル近くにある大きなスーパーマーケットに到着した。
 比較的早く戻って来られたので、(もしかしたらトイレタイムも兼ねて)お買い物タイムを取ってくれたようだ。


スーパーマーケットチョコレート


 実はホテルから徒歩10分のくらいのスーパーマーケットは、かなり大きい。
 2階は、家電とおもちゃの売場になっていた。
 このスーパーではクレジットカードが使えるという話で、かつ、キャッシングの機械も並んでいた。もっとも挑戦していた人はいなかったと思う。
 代わりにオリガが「オリガ銀行があります。30ドルが1500ルーブルです。」と案内していた。成田空港よりもレートが良い。
 40分1本勝負のお買い物タイムになった。


 添乗員さんお勧めのチョコレートが売っていた。小さい女の子の絵が描いてある。
 ガイドのオリガは「飛行機で持って帰っても大丈夫!」と言うけれど、問題は、日本までの道のりではなく、空港から自宅までと、自宅から職場までの道のりである。
 職場土産必須の3人ほどで、オリガに「個包装になっていて、溶けなくて、ロシアっぽくて、美味しいお菓子がない?」と無茶なリクエストをしたら、オリガは真剣に悩んでしまった。


 売り場を行ったり来たりして、板チョコはすぐ溶けちゃいそうな気がして回避し、ヌガー入りのチョコレートで手を打った。蜂蜜やジャムは、最終日にオプショナルツアーで行く市場で買うことにしようと思う。
 ツアーのみなさんも、ビールなどのお酒や、缶コーヒーやアイスクリームなど、思い思いのお買い物をされていたようだ。六輪駆動車に戻って来たとき、両手にビニル袋を抱えている方が何人もいらっしゃった。


50ルーブルと100ルーブル(表)50ルーブルと100ルーブル(裏)


 18時15分にホテルに戻った。
 夕食までの間、シャワーを浴びるには時間がない。ふと思いついてロシアルーブルのお札の写真を撮った。
 表に描かれている人物が誰なのか、裏に描かれている建物は何なのか、教えてもらえば良かったなと思う。


ビールサラダとスープ 夕食は、ホテル内のレストランで19時からだ。
 添乗員さんとガイドさんが飲み物の注文を取ってくれる。カムチャツカNo.1というビールを頼む。130ルーブルだ。少し濃いめのビールだった、と思う。
 また、ミネラルウォータが一人1本ずつ配られた。これは有り難い。
 お料理は、前菜としてイカのサラダとチキンスープが供された。イカのサラダはゆで卵とマヨネーズを和えたものがドレッシング代わりにかけられている。スープは、フェンネルがたっぷり浮かんでいて、さっぱり味だ。
 美味しい。


ペリメニ 本日のメインディッシュはペリメニ、いわゆる水餃子である。
 ロシアでは特に何もつけずに食べるという。
 モチモチとした皮で、割とサッパリした肉団子が包まれている感じだ。これまた、美味しい。
 添乗員さんがお醤油を持参していてくださっていて、その醤油をかけるとさらに美味しい。
 ロシア料理は、日本人の口にも合い、胃にも優しいようだ。


 デザートはクレープの杏添えで、コーヒーと紅茶はインスタントのものが用意されていてセルフサービスだ。
 ゆっくりおしゃべりを楽しみたいところだけれど、もう一つのグループの夕食が20時から始まるようで、我々はその前にレストランを出なくてはならない。
 そそくさとレストランを後にした。


 この日にテーブルを囲んだ方々はちょうど私の母と同年配かもう少し上の方々で、食事の間、私はずっと「結婚はいいものだ。」「今からだって遅くない。」「一度は結婚した方がいい。」「狩りに行かなくちゃだめだ。」等々、有り難い忠告をいただき続ける状況だったので、ちょっとほっとしたというのも本音だ。


 食休みも兼ねて、今日買って来た絵はがきを書く。
 郵便局はかなり遠いところにあり、ポストも街中にほとんどないそうで、絵はがきを出したい人は、ガイドのオリガに切手代1通30ルーブルと一緒に渡して頼みましょう、と添乗員さんから案内があった。
 そう言われてみれば、街中をほとんど歩いていないこともあって、ポストを見かけていないなぁと思う。
 涼しいからか、高山植物をマクロモードで撮っているためか、カメラの電池の減りが早い。まだ二日目なのにと思いつつ充電する。


 バスタブにお湯を張って、ゆっくり浸かる。ついでにマッサージもする。
 この日の歩数は21979歩だ。どう考えてもそんなに歩いたとは思えず、六輪駆動車の振動を歩数計が拾ったのではないかと思う。だとしても「運動量」はあったということだろう。
 そんなにずっと晴れていた訳でもないのに何だか顔がヒリヒリしているような気がして、シートパックを使う。
 23時くらいに就寝した。


 カムチャツカ旅行記2日目その1 <- -> カムチャツカ旅行記3日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.13

カムチャツカ旅行記2日目その1

2015年8月9日(日曜日)


ホテルの窓から


 添乗員さんの忠告に従い、6時にかけておいた目覚ましの音で起き出した。
 窓を開けて外を見ると、青空が広がっていて嬉しい。カムチャツカの天気は変わりやすいと言うけれど、それでも、朝一番に太陽を見られるのは嬉しいことだ。
 窓を開けると涼しい。
 窓を閉め、長袖のTシャツにスパッツで寝てちょうどいいくらいの気温だ。洗濯物が乾いていたから、意外と乾燥しているのかも知れない。


 昨夜の夕食が粗食だったからお腹が空いてしまい、持参したポットでお湯を沸かしてコーヒーを入れ、お部屋にあったチョコレートと一緒におめざにいただいた。
 そうこうしているうちに、6時半過ぎ、モーニングコールが入った。
 女性の声でロシア語が聞こえて来たけれど、もちろん何を言っているのかはさっぱり判らない。スパシーバと唯一知っているロシア語でお礼を言ったら電話は切れた。


朝食 7時から朝食である。
 思っていたよりも豪華な朝食がビュッフェ形式で用意されている。この後、長時間、六輪駆動車に乗るのだから控えめにしておこうと思いつつ、結局、盛りだくさんのお皿になった。
 今日と明日は二つのグループで行き先が入れ替えてある。もう一方のグループは少し出発が遅いようで、朝食時間もずらしてあったようだ。我々が朝食を終えて戻る頃に、もう一方のグループの方々が朝食にいらしていた。


六輪駆動車 8時25分に六輪駆動車に乗って出発である。
 今日から3日間、移動は全てこの六輪駆動車だ。ガイドのオリガさんと、ドライバーのアンドレイさんともずっと一緒である。
 最近の流行りなのか、前方から3列くらいまでは添乗員さんが日替わりで座席指定し、その他は自由席になる。最後に乗り込んだので、一番後ろの席になった。お隣に、トレッキングのガイドだという若い女の子が来る。彼女はこの揺れる六輪駆動車でスマホをいじって平気な顔をしていた。車酔いなんてしないらしい。


 この日は、まず、アバチャ山麓を目指した。
 今年の冬は厳しく、7月にこのツアーでアバチャ山麓に行ったときは雪が大量に残っていて「フラワーハイキング」ではなく「スノーハイキング」になったという。
 アバチャ山のベースキャンプは標高869mだとはいえ、恐ろし過ぎる話だ。


 「アバチャ」という言葉は、ロシア語が「アー、ヴァー、チャー」と聞こえるところから転じて「ロシア人のいるところ」という意味になったという。
 アバチャ山の隣に見えるコリャーク山の「コリャーク」は、「トナカイの近くに住んでいる人」という意味である。
 コリャーク「山」と言う場合は「コリャーク」だけれど、後ろに「火山」が付く場合は男性詞になるので「コリャークスキー火山」という言い方になるそうだ。
 ロシア語は難しい。


 コリャーク山はその姿が美しいところから「カムチャツカ富士」とも言われている、らしい。
 オリガも「ここはロシアなのに、カムチャツカ"富士"なんです」と笑っている。ロシアの人々は、自分たちの住んでいる町から見える山を「我々の山」としてとても大切にしているという。
 ペトロパブロフスク・カムチャツキーというこの町の場合、町から見える姿の美しい山が複数あるので、どれを「カムチャツカ”富士”」にするかまだ決められていないという説明が可笑しい。


アバチャ山コリャーク山


ダートの道 カムチャツカの天気は変わりやすいから天気の良いうちにと、ダートの道をしばらく走ったところで、フォトストップ兼トイレ休憩となった。
 もちろん「青空トイレ」である。
 今日の行程が一番道がダートだったらしい。最後列に座っているとその弾み方は大きく、足を踏ん張っているとかなり疲れる。外に出て手足を伸ばせるのは有り難い。
 「道が悪いので、六輪駆動車で」という説明も納得のこの道を、(四輪駆動車ならともかく)普通の乗用車が爆走しているのを見かけたときには驚いた。よくスタックしないものである。


 10時半くらいにアバチャ山のベースキャンプに到着した。
 六輪駆動車に途中で合流したフラワーガイドのラリーサ、六輪駆動車で私の隣に座っていたマリーナとベースキャンプにいたボーヴァ、そして日本語ガイドのオリガがいて、ガイド4人の手厚い体制でフラワーハイキングの開始である。
 もっとも、山のガイド二人はほぼ付いて歩いているだけだ。万が一のときのために頼んであったのだろう。
 アバチャ山は普通の人でも登れる山だというし、我々は本当に「ハイキング」でゆっくりベースキャンプ周辺を歩くだけとはいえ、80代の方も参加しているのだから油断はできない。


 ラリーサとオリガが先頭を歩き、お花を見つけると指差して名前を教えてくれ、ラリーサの説明をオリガが通訳してくれる。
 その指差されたお花に皆して群がって写真を撮る、という感じだ。傍目に見ているとちょっと可笑しい。
 そして、綺麗に咲いているお花を見つけると、オリガが「**(お花の名前)のいい奴」と紹介してくれるのも何だか可笑しい。
 歩いているときは気がつかなかったけれど、自分で撮った写真を後で見返してみたら紫色のお花が多かったようだ。


 オオヤマノエンドウとイワギキョウ。
 オオヤマノエンドウだけは、他のエンドウとは違って葉がシルバーっぽい色である。


オオヤマノエンドウイワギキョウ


 チシマフウロとウルップソウ。
 ウルップソウの名前は、千島のウルップ島で採集されたことからつけられている。
 この二つのお花は、アバチャ山麓以外でもよく見かけた。


チシマフウロウルップソウ


 よく見かけたといえば、その一番はインディアンペイントブラシだろう。
 二番目は、ヤナギランだ。
 この二つのうちどちらかに軍配が上がることは間違いない。
 インディアンペイントブラシは日本には咲いていないお花なのに、あまりにもたくさん見かけ過ぎてツアーの後半には有り難みがなくなったくらいだ。


名前不明 この白いお花は、日本には咲いていないお花だという。
 教えてもらった名前で検索しても全くヒットしない。いただいた花図鑑にもその名前がない。全く自信がないので、お花の名前は載せないことにする。
 美味しい実がなって、リスが食べるそうだ。そういえば、ベースキャンプにもリスがいて、ツアーの方がパンをあげて写真のモデルにしていた。


 逆に、珍しいか珍しくないかに関わらず心惹かれたのは、直径1cmもないような小さなお花が岩肌や土にしがみつくようにして咲いている姿だ。
 チシマツガザクラミヤマツメクサイワブチイチヤクソウミネゾウなどは、その筆頭である。


 また、黄色いお花が咲いていると何だか周りがぱっと明るくなるような気がする。


 レブンサイコとウラジロキンバイ。
 レブンサイコは日本では北海道でしか見られないお花だ。礼文島で発見されたことから名が付いたという。
 ウラジロキンバイは日本ではレッドリストに載っている。そんなこととは知らずに「黄色いお花は明るくていいねぇ」などと呑気に眺めた。


レブンサイコウラジロキンバイ


雪渓 今年の冬は雪が多かったという話も、7月にはこの辺りは一面の雪だったという話も六輪駆動車の中で聞いていた。
 それでも、普通に歩いていて、かなり雪が残っているのを見るとやはり驚く。
 この大量の雪のおかげで、8月半ばに来た我々が「春のお花」「芽吹いたばかりの草」を見ることができたらしい。
 アバチャ山麓のベースキャンプ周辺でのフラワーハイキングは、それほどアップダウンがある訳ではなく、お花を見つけてもらってはフォトストップという歩き方で楽勝だった。
 服装でいうと、タンクトップに長袖シャツでちょうどいいくらいの気温であり運動量だ。


キャンプとヘリポート 1時間ちょっとかけて、ベースキャンプ周辺のお花を見て回った。
 15cmくらいの石で囲われた空間があって、何かと思ったらヘリポートだった。
 ヘリポートの辺りを歩いているとき、カムチャツカの先住民族が神様として崇めているというオオガラスが飛んでいるのを見ることができた。随分と上空を飛んでいたのか、それほど「大きい」という印象はない。
 カムチャツカにもカラスがいるんだぁと思う。


レストランボルシチとサラダ


 12時過ぎにベースキャンプに戻って来て、そのまま昼食をいただいた。
 雨水を貯めたという水道の水に少々恐れをなしつつ手を洗い、レストランに入る。
 ボルシチとコールスローサラダ、パンとクッキーが並べられたトレイが置かれ、パイナップルジュースが用意されている。
 たっぷりのボルシチでお腹がいっぱいになったと思ったら、さらに、豚肉のトマトスープ煮込みをライスにかけたものがメインディッシュとして出された。
 ロシアのお料理は美味しい。
 食後のコーヒー紅茶はインスタントとお湯が用意されていてセルフサービスである。


 レストランの隣のお部屋に小さな売店があった。
 Tシャツやちょっとした小物、絵はがき等々が売られている。カムチャツカ旅行中、唯一、この売店だけは日本円で買い物することができた。もちろん米ドルも受け付けている。
 絵はがき10枚が1000円で売られていて、このときのレートで計算したところ、日本円で買うのが一番お得だった。
 山の写真やお花の写真など割といい感じだったので、絵はがきを6枚購入した。日本円は持参していなかったので、少々悔しいと思いつつロシアルーブルで支払う。


 出発前にお手洗いを済ませておこうとレストランから出たら、いつの間にか雨が降り出していた。
 外に作られたお手洗いはとても「綺麗」とは言えないけれど、雨の中の青空トイレは大変だから屋根があるのは有り難い。
 ウィンドブレーカを雨よけに着てお手洗いまで走った。


 カムチャツカ旅行記1日目 <- -> カムチャツカ旅行記2日目その2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.11

カムチャツカの写真をアップする

 PHOTO ALBUMに2015年8月8日から4泊5日でロシアのカムチャツカに行ったときの写真をアップした。

 フラワーハイキングがメインのツアーだったので、お花の写真が多くなっている。
 実はそんなにお花が好きな訳でも高山植物に詳しい訳でもないので写真選びに困ってしまい、結果、25枚をとりあえずラインアップした。
 この先、旅行記を書きつつちょっと調べたりして、追加することがあるかも知れない。

 アップした写真はこちら。

 どうぞ、見てやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »