« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017.05.27

「屋久島ブック 2016」を読む

 2017年5月、夏に屋久島に行こうと計画し、ツアーも予約したところで、屋久島のガイドブックを探し始めた。
 これが、意外とない。
 屋久島旅行記みたいな本も合わせて探したけれど、これまた意外と見つからない。

 普通のガイドブックを見ると、大抵は、奄美大島と一体だったり、鹿児島県として1冊になっていたりする。屋久島に特化したガイドブックがこれまた意外とない。
 沖縄の島々についての本は溢れているのに、意外だった。
 屋久島はいつの間にか「ブーム」ではなくなっていたらしい。

 そんな中で見つけたのがこちらの「屋久島ブック 2016」だった。
 2016年2月に発行されているから、恐らく2017年版は発行されることはないだろう。そう考えると貴重である。

 ツアーで行く私に自由時間や自由行動がある訳もなく、こちらの本で得た情報を活かす術はない訳だけれど、しかし、写真を眺め、登場する人々の物語を読んで、旅行モードを高めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.13

京都旅行記(2017)の入口を作る

原谷苑の桜 ここは、2017年4月に母と出かけた京都旅行記(2017)への入口である。

 以下の日程をクリックすると、その日の旅行記に飛べるようになっている。

1日目 2017年4月8日(土曜日)

2日目 2017年4月9日(日曜日)

 

持ち物リスト(京都旅行記2017編)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.10

京都旅行記(2017)2日目

2017年4月8日(土曜日)


 6時に起床した。
 外を見ると雨が降っている。霧雨よりは結構しっかりした降りだ。
 母に「お風呂に行く?」と聞くと、「温泉じゃないし、行かなくていい。」という返事だ。お布団でごろごろしながら、たらたらとテレビを見る。
 天気予報では、この雨は9時頃までに止むらしい。ぜひお願いしますと何かに祈る。


朝食 7時過ぎにレストランに行って朝食をいただいた。
 テーブルは結構埋まっている。お一人で泊まっている方も割といらっしゃるようだ。
 ごはんとお味噌汁はテーブルに付いてから供され、そのときにお豆腐のお鍋にも火が入れられる。昨夜のお豆腐料理に続き、今朝もお豆腐メインのごはんだ。


お豆腐 花園会館の朝食のポイントは、この手作り豆腐である。
 湯豆腐ではなく、器に入った豆乳を蒸すことで、できたてのお豆腐をいただくことができる。
 旅先で和食の朝食をいただくと、お箸が進み、ごはんが足りなくなることが多い。今回も、ごはんの進むおかずが多すぎて、おひつで出て来たごはんを軽く2膳いただいた。


 朝食後、お土産物のコーナーを覗いた。
 お部屋に用意されていたチョコを母が気に入って購入している。習い事のお仲間へのお土産に持って行くと言う。
 妙心寺の宿坊だから、お線香やお鈴などの仏具も売られている。我が家にはお線香も蝋燭も売るほどある。購入は自粛した。


 時々、外の様子を見ながらお部屋で食休みをする。
 母のリクエストで、今回の京都旅行の目玉はこれから行こうとしている原谷苑である。晴れて欲しいとまで贅沢なことは言わないものの、雨は上がって欲しい。
 何とか雨も上がった8時50分頃、チェックアウトした。
 フロントで、京都駅までのJR京都駅キャリーサービスをお願いし、原谷苑までの交通手段を相談し、タクシーを呼んでもらう。


 原谷苑は、母がツアーパンフレット等を眺めて「最近、ツアーにここが含まれていることが多いのよ。」「桃源郷のように綺麗らしいのよ。」と行きたがったところだ。
 以前はお身内だけで楽しんでいたところを、現在は、春と秋のシーズンのみ一般公開しているという。
 タクシーの運転手さんによると、昨日の時点で原谷苑の入園料は1200円、最高で1500円になるそうだから、まだちょっと早いかなといった辺りらしい。
 原谷苑は我々が思っていたよりも山の中にあるようで、市街よりは開花も少し遅いという。


 花園会館からタクシーで10〜15分くらい走り、原谷苑に到着した。
 まだ時間も早いし、それほど混雑していないようだ。入園料1200円を支払って、入園した。
 ちょっとしたおやつが売られていたり、桜等々の苗が販売されていたり、ごはん処があったりする。
 桜だけではなく、季節のお花が色とりどり、華やかかつ爽やかに咲いている。枝垂れ桜は少し早いようだけれど、ソメイヨシノは満開だ。
 今朝までの雨でかなり滑りやすくなっていて、足もとに注意しつつ歩き回った。


原谷苑原谷苑


原谷苑原谷苑


原谷苑原谷苑


原谷苑原谷苑


原谷苑原谷苑


原谷苑原谷苑


原谷苑原谷苑


山桜 1時間半ほど原谷苑を歩き回って満喫した。
 そのまま、仁和寺に向かって歩き始める。
 下り坂だから楽だろうと思っていたら、これがかなり急な下り坂で、後になって足に来る結果となった。大人しく、バスかタクシーを使った方が良かったかも知れない。
 のんびり坂を下りて仁和寺に向かう途中、山桜やつつじ、椿などが道端に咲いているところを見ることができた。
 母も「ツアーだと、こういうところをのんびり歩くことはできないわね。」と言っていたし、良しとしよう。


仁和寺 仁和寺の境内に入ると、昨年秋に来たときには無料だったエリアが、今回は有料になっていた。
 最初はそのことに気がつかず、拝観料を払った上で「で、どこに行けばいいんでしょう?」と係の方に聞いてしまったくらいだ。
 ソメイヨシノが満開である。綺麗だ。
 丈が低い木が多くて、絶好の記念写真スポットになっている。


仁和寺仁和寺 御室桜はまだまだ蕾で、1輪2輪咲いているかいないかといった感じだった。その代わり、満開のソメイヨシノやシダレザクラが楽しめる。
 11時過ぎから40分くらい仁和寺境内を散策し、きぬかけの道を歩いて龍安寺に向かった。
 この「きぬかけの道」は優雅な名前だけれど、普通の車道脇の歩道を歩くことになる。しかも、仁和寺から龍安寺を目指すと微妙な登り坂が続く。名前ほど優雅には歩けない。


 拝観受付の行列に並び、龍安寺に足を踏み入れた。
 何だかお腹が空いていて、拝観の前に龍安寺境内にある西源院に向かう。こちらは、「七草湯豆腐」が有名なお店だ。お昼頃に到着したら満席で、順番待ちになっていた。
 座敷に上がり、壁際に並べられた座布団に座って待つ。靴を脱ぐときに、母と私の靴のあまりの汚れように顔を見合わせてしまった。


西源院 西源院のメニューは、「七草湯豆腐」か「精進料理と七草湯豆腐」の2種類だ。
 20分ほどで席に通され、母と相談の結果、これらを一つずつ注文し、精進料理は二人でシェアすることにした。かなりお腹が空いていた筈が、座布団に落ち着いたら何だかお腹も落ち着いている。
 お庭を眺めながらお料理が来るのを待つ。
 この七輪に火は入っておらず、土鍋で温められた湯豆腐が運ばれてくるようだ。


湯豆腐 七草湯豆腐はその名のとおり、緑色の「七草」が綺麗な湯豆腐だ。
 これで二人前、たっぷりである。
 母は、「昨日のお豆腐よりも、このお豆腐の方が味が濃いと思う。」と言う。
 一緒に供された出汁醤油が意外と濃い色と味をしていて、母と「何だか京都っぽくないね。」と適当なことを言い合う。
 七草湯豆腐とごはんだけで充分だったかも知れない。精進料理を頼むとごはんがお櫃で出されるので、今回はお茶碗をもう一つもらって二人でいただいた。


鏡容池 お腹も一杯になったところで、鏡容池を通り、石庭のある方丈に向かう。
 昨年秋に来たときとは全く違うルートを通ったら、なかなか方丈に辿り着けずにあっちにうろうろ、こっちにうろうろしてしまった。あんなに判りやすいところにあるのにどうして迷うのか、我ながら不思議だ。


 龍安寺境内に入った辺りでカメラの電池がなくなり、西源院でのお食事の写真以降は、iPadで撮影した。
 やっぱり、iPadでの写真撮影は上手く行かないなぁと思う。未だに使いこなせない。


石庭


 石庭の向こうではソメイヨシノが咲いていた。シダレザクラはまだ蕾のようだ。
 相変わらず拝観客が多い。縁側部分は鈴なりの人だかりである。座る隙間はない。何となく順番待ちをしているような格好になる。
 外国人の方も多い。
 やっぱり、15個の石を1ヶ所から1度に見るのは難しい。というか、できない。
 座敷の中のとある場所からは15個の石を全て見ることができるとも聞くけれど、残念ながら立入禁止である。


鏡容池 石庭とつくばい、そして鏡容池の端で咲くソメイヨシノを眺め、13時半頃、龍安寺を後にした。
 母は「あと1ヶ所くらい行けるかな。」と元気だ。私の方が明日からの仕事を考えるともう1ヶ所というのは体力的にというよりも気持ち的にキツイ。
 桜の時期の日曜の午後にバスに乗って京都駅に向かったら渋滞にはまるに決まっている。ここから花園駅まで歩くのは遠いなぁと思いつつガイドブックを眺めていて閃いた。


 嵐電の龍安寺駅から撮影所前まで行き、そこでJRの太秦駅まで歩いて、京都駅に向かえばいいのだ。このコースを辿れば、昨日ライトアップを見ることの出来なかった「桜のトンネル」も通ることができる。
 若干道に迷いつつ住宅街の真ん中にあるといった龍安寺駅に何とか辿り着いた。
 ちょうどよく嵐電も来る。流石に桜のトンネルは有名らしく、運転席横のスペースに陣どっている方々も多い。
 やっぱり疲れが出て来た我々二人は椅子に腰掛け、窓から桜のトンネルを眺めた。桜のトンネルといってもかなり短い距離である。なるほど、これほどの短距離ならライトアップを楽しむために徐行しても運行にはあまり影響も出ないだろうと納得した。


 嵐電の撮影所前駅からJRの太秦駅までの道でまた迷った。
 「こっちにあるだろう」という方向に歩いたのが失敗の元である。方向は合っているけれど、最短距離(と思われる方向)を目指すと、「線路を越えて駅の出口に行く道」がない。ずっと遠回りする羽目になった。
 太秦駅では電車まで時間があったので、窓口で新幹線の指定席を押さえた。これから時間が経つに連れてどんどん混み合ってくる筈である。


 14時半過ぎに京都駅に到着し、お土産と新幹線車内で食べる夕ごはんの調達のため、伊勢丹の地下に行った。
 お漬物(千枚漬け、水茄子、半割大根のごま)一保堂茶舗の焙じ茶、マールブランシェのラングドゥシャ、昨年秋に来たときに購入して大ファンになったわらび庵のわらびもちなどなどを購入する。
 また、夕食用に柿千の柿の葉寿司を購入した。うちの母は「車内で食べる」というと、柿の葉寿司を選びたがる。食べやすいからだそうだ。


 お土産を購入し、キャリーサービスをお願いしていた荷物(ミラコロ)を受け取る。
 重いものをミラコロに詰め込み、私の荷物を入れていたレスポのボストンバックを取り出して軽くてかさばるものを入れる。これで移動がだいぶ楽になる。
 最後にイノダコーヒでコーヒーを飲んで一休みしようポルタ店に行くと行列になっていた。16時すぎののぞみに乗るにはちょっと時間がなさそうである。
 近くにあった小川珈琲でテイクアウトした。


 16時2分発ののぞみに乗り、帰途についた。


 京都旅行記(2017)1日目 <-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.07

京都旅行記(2017)1日目

2017年4月8日(土曜日)


 思えば、職場が変わると判っていた4月の第2週の週末に旅行計画を立てるのは無謀だった。
 しかし、母に「京都で桜を見たことがない」と言われ、たまたま4月の週末に何の予定もなかったら、これは計画を立てるしかない。
 ぷらっとこだまのグリーン車がえらくお得だという昨年秋の経験を踏まえ、今回は早めに手配した。


 ぷらっとこだまで利用できる新幹線は限られている。
 京都に一番早く到着できる新幹線は、東京発7時56分である。東京駅で駅弁を買って車内で早めのお昼を食べる計画だから、駅弁を選ぶ時間も考えなくてはならない。
 5時に起床して荷造りし、小雨が降る中、ミラコロを転がしてバスで駅に向かった。
 7時過ぎに東京駅に到着する。寒い。時間もあるし、ユニクロでフリースでも買おうかと思ったら、ユニクロのオープンは8時だった。間に合わない。
 駅弁屋 祭でお弁当を購入し、ぷらっとこだまに付いてくるチケットでペットボトルのお茶を購入し、新幹線に乗り込んだ。


グリーン車 グリーン車の車内はもの凄く豪華だった。びっくりである。
 床は絨毯敷きだし、広々としている。感動してパシャパシャと写真を撮った。
 外は雨模様だ。
 「晴れ間が見えた!」「道が濡れている!」「傘を差している人がいる!」等々、道中の天候の変化に二人で一喜一憂する。多分、名古屋辺りの天気が一番良かったと思う。


仙台牛 炭火焼肉弁当 朝が早かったし、9時半くらいからお腹がぺこぺこになっていた。
 しかし、いくら何でも9時半にお昼ごはんでは早すぎる。そう思ってガマンしていたけれど、通路を挟んだお隣の席の方が駅弁を開いたのを見て、我々も早々に駅弁を食べることにした。
 仙台牛 炭火焼肉弁当である。
 味付けがちょっとしょっぱいかしらと思いつつ、美味しくいただいて、ごはんまですべて完食した。


 新幹線は11時34分に京都駅に到着した。
 まずは「寒い!」を連発して、伊勢丹に何か羽織るものを探しに行く。しかし、これが意外とない。フォーマルな感じの服はたくさんあるけれど、もっとてきとーな感じ(かつ値段もお安い感じ)の服でいい。
 あちこち探し回った末、水を弾くというコットンのパーカを購入した。
 これから保津川下りをするし、雨も降りそうだし、ちょうど良いだろう。


 その後、JR京都駅キャリーサービスで、本日の宿である花園会館にミラコロを運んでもらえるようお願いした。確か、1個750円だったと思う。
 12時27分発のJR嵯峨野線に乗り込み、亀岡駅に向かった。本日最初の予定は、保津川下りである。
 嵯峨野線の車両はみるみるうちに一杯になり、嵯峨嵐山駅でたくさん降りて行った。
 トロッコ列車でトロッコ亀岡駅まで行き、帰りに川下りをしようと当初は計画したものの、トロッコ列車の切符はあっという間に売り切れたらしく取れなかったのだ。


保津川と桜 13時少し過ぎに保津川下りの乗船場に到着した。随分と閑散としている。
 チケット売場の人に聞くと、谷(川沿い)は寒いので、桜にはちょっと早いらしい。
 そして、川下りをした後でよーく判ったけれど、川下りのメインは「新緑と紅葉」であって、桜は船頭さんたちが少しずつ川岸に植えつつあるという段階だった。
 しかも、増水すると土が削られて持って行かれてしまうので、川岸に植えた桜はなかなか根付かないらしい。


川岸の桜鵜 船頭さんが3人乗り込み、救命胴衣を着けて一番前の席に陣どった。眺めが良くて嬉しい。
 13時半出港である。
 後ろにいる船頭さんが舵を取り、目の前に座っている船頭さんが櫓を漕ぎ、前に陣どって棹さす船頭さんがいる。「棹さす」のが一番最初に覚えるお仕事だそうだ。今回の3人の船頭さんは交替でそれぞれのお仕事を担っていた。
 説明をしてくれたのは、櫓を漕いでいる船頭さんである。


 保津川とは、川の名前というよりは、「川下りをする区間」の名前らしい。
 何のこっちゃである。
 この川の名前は「桂川」で、さらに下流に行くと淀川に合流する。
 元々、桂川は上流から京都大阪の街に材木等を運ぶ水運の川だったそうだ。この川下りも、その流れを汲むものだという。


 川下りの区間は16kmで、水量があるときは50分くらいで嵐山に行ける。水量が少ないと、途中で船頭さんが舟を引っ張ったりする場所も出てくるので2時間以上かかる。
 今日は、昨日の雨で水量が増しているので、1時間半ちょっとで行けると言う。一番前に陣どった我々は、足もとでビニルを踏み、それを膝掛けのように前に掛けておくように指示された。途中、水しぶきが上がるところが結構あるらしい。


 


川霧水しぶき 川霧が立ちこめて幻想的な風景になる。
 水深が浅く、岩の間を舟が滑り落ちるように行くところもあり、そんなところでは水しぶきが上がる。
 ある程度深いところで、船頭さんが思いっきり竿を川底に向かって投げ入れると、何故か竿が途中でぽーんと反発するように戻って来た。不思議だ。一体どういう仕組みになっているのだろう。
 水深は、覗き込めば川底が見えるくらいの50cmあるかないかというところもあれば、10m以上というところもあるらしい。


川下り川下り 基本的な舵取りは後ろで行っているとはいえ、本当に舟の幅ギリギリのところを通るときには、前に乗っている船頭さんが棹で岩を突いて方向転換の手助けをする。
 その「棹で突く場所」が決まっており、毎日毎日突かれた岩のその部分は随分とへっこみが出来てしまっている。
 川岸に咲いている花や、飛んでいる鳥などなど、たくさん説明してもらったのにすっかり忘れてしまっているところが我ながら情けない。


トロッコ電車 途中、トロッコ電車と併走したのはちょっと楽しかった。
 本当に川岸ぎりぎりを走るらしい。
 トロッコは舟のことなどあっという間に抜いて走り去って行った。
 いつか、トロッコ電車にも乗ってみたい。紅葉の時期がもちろん綺麗だろうけれど、果たして切符を取れるかどうか、かなり難しそうだ。


山桜 川岸に山桜が見えるようになると、そろそろ終点の嵐山である。
 もはや漕ぐ必要はなくなったのか、船頭さんが櫓を漕がしてくれた。
 プロは簡単そうに難なくやっていたのに、自分でやろうとするともの凄く難しい。そもそも、櫓が水を捉えていない。漕いでいる手に手応えがない。
 何だか漕いでいる気がしないなぁと思っているうちに終点が近づいた。
 1時間半強の船旅だった。


桜と渡月橋 川下り乗船場のおじさんに教わったとおり、渡月橋を渡って公園のようなところに向かった。
 ソメイヨシノが満開である。
 それにしても、もの凄い人だ。流石に渡月橋が落ちちゃうかもとは思わないけれど、それにしても歩道はぎゅうぎゅう詰めである。
 あまりの人の多さにびっくりして、夕食を食べようと思っていたお豆腐のお店に予約の電話を入れた。


 天龍寺に向かって歩き始める頃、本格的に雨が降り出した。舟に乗っているときからポツポツ来ていた。舟を下りてからで良かったと思う。
 もう1回、渡月橋を渡っているときに、船頭さんたちが歩いているところを見かけた。舟はトラックに積んで乗船場に戻る。どうやっても舟の長さはトラックの荷台からはみ出してしまうので、特別の許可を取っているそうだ。
 船頭さんたちはそのトラックに便乗するのではなく、電車で戻ると言っていた。その方が早いそうだ。総勢130人の船頭さんがいてもピークシーズンにはそれでも船頭さんが足りないくらいなので、できるだけ早く戻る必要があるという。


 船頭さんたちを見送り、天龍寺に向かった。
 どこからが天龍寺かよく判らないまま「多分、この辺から」というところに雲龍図を特別公開しているという看板が立っていた。母も私もこういう「特別」の文字に弱い。早速、法堂に向かう。
 法堂に入ると、和尚さんが雲龍図の説明を始めていた。
 面白い和尚さんである。


 木造建築であるお寺で一番恐ろしいのは火事であり、だから水の神様である龍の絵が描かれていることが多いこと、昔はお寺は戦陣を張るところでもあったため敷地が広いこと、臨済宗の「本山」と呼ばれるお寺のうち七つが京都に集まっていること、他の六つの本山のお寺にも五本爪の龍は描かれていないこと、この龍の絵は板を貼り合わせて漆と白土を重ねた上に描かれていること、描いたのは日本画家加山又造画伯であることなどなどが名調子で語られる。


 そして、和尚さんに「全員こっちに来て。」と言われて1ヶ所に集まり、そこからぐるっと円を描いて回ってみると、この雲龍図がいわゆる「八方睨みの龍」であることが判る。
 ぐるっと回っている間、常に龍と目が合ったままである。
 さらに、目が合ったままなだけではなく、こちらが歩くにつれて、龍の顔の向き(顎の向き)が変わる。おかしい。何故だ。
 秘密は、描かれた目の位置にあるそうだ。そう説明されてもどうしてこんなことになるのかさっぱり判らなかった。


 出口で聞いたところでは、和尚さんの案内はいつも行われている訳ではなく、このときは、たまたまガイドさんの団体か何かに頼まれて特別に「お手本」として案内をしてくださっていたらしい。
 随分ラッキーなことだった。


 天龍寺のお庭も拝観した。大方丈とのセット券が販売されていて迷ったけれど、この時点でもう16時である。両方見ている時間はないだろうと庭園を優先した。
 天龍寺と言えば嵐山を借景にした曹源池の景色というイメージだ。
 この日は、さらに本格的な雨になって背後の山は雲なのか霧なのか白く煙って隠されてしまっていた。
 それもまた風流である。
 そして、庭園は、桜や連翹など満開だった。


桜桜


20170408_16245920170408_165438


曹源池20170408_162635


桜20170408_164200


20170408_163352


 母は、桜でお腹がいっぱいになったそうだ。
 庭園をゆっくり散策してお花を満喫し、もう閉じ始めていた北門から出していただいた。


竹林 天龍寺庭園の北門を出れば、すぐそこが竹林である。
 中学校の修学旅行で嵯峨野めぐりをした筈だ。その頃に「竹林の道」はもうあっただろうか。
 雨だし、だいぶ陽も傾いているので、竹林の道はかなり鬱蒼と暗く見える。一人だったらちょっと怖くて歩けないなという風情だ。
 実際には、一人どころか、随分とたくさんの人が歩いているし、人力車もちらほら走っている。
 まだまだ観光の時間といった感じだ。


 竹林の道を野々宮神社方面に歩いた。
 湯どうふ 竹村がすぐ見えてほっとする。17時半とまだ早い時間だし、お客さんはちらほらという感じだ。
 やっぱり胡麻どうふが食べたいよねと、母と二人で松コース(湯どうふ・八寸・ひろうす・胡麻どうふ・野菜天ぷら・お吸い物・御飯・漬物)をお願いする。
 こちらのお店では、嵯峨豆腐 森嘉のお豆腐をいただくことができる。


八寸胡麻豆腐 和室の卓袱台のようなテーブルに座布団という設えだ。
 調理場とちょっと離れているようで、呼んでもお店の人になかなか気がついてもらえないところが惜しい。
 八寸は山芋を摺って揚げたもの、菜花のお浸し、生麩の3品だったと思う。
 胡麻豆腐も濃い味で美味しい。


お豆腐 ちょっと不思議だったのが湯豆腐で、湯豆腐にするのに、氷水を張った鉢に入れられて供された。
 冷や奴として食べても美味しいらしい。
 気分は湯豆腐だったので、母も私もぐらぐらと沸いている土鍋にお豆腐を入れ、意外と濃い味だった出汁醤油や薬味色々を載せながらいただいた。
 柔らかい味のお豆腐だった、と思う。
 美味しかった。


 ちょうど良く日も暮れ、この後は嵐電に乗って桜のトンネルのライトアップを楽しもうと思っていた。
 ところが、嵐電の嵐山駅に行くと様子がおかしい。ホーム方面にはロープが張られ、ホームは真っ暗、駅員さんたちが何人も立って案内をしている。
 聞けば、嵐電は全線が停電で止まっており、復旧の見込みは立っていないという。


 これは大人しく宿に行って明日に備えて早寝しなさいというお告げだろうと解釈し、駅員さんに「妙心寺に行きたいんです。」と相談したら、JRで花園駅まで行くよう案内された。
 JR嵯峨嵐山駅まで行く途中、宿でおやつにいただこうと、でわらび餅ぷりんを購入する。


花園会館 本日の宿である妙心寺の花園会館にチェックインしたのは19時15分過ぎくらいだった。
 明日の朝食を7時でお願いし、大浴場の場所や「お布団は自分で敷いてください」といった案内を受ける。
 お部屋に入ってテレビをつけるとブラタモリの「京都・清水寺」の回が放送されていた。
 お茶を淹れ、用意されていたお菓子をいただきつつ、清水寺を夢中になって見る。


 ブラタモリを見終わってから大浴場に行き、お風呂上がりにわらび餅ぷりんをいただき、22時前に就寝した。


 -> 京都旅行記(2017)2日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.05

鬼怒川温泉旅行記の入口を作る

東武ワールドスクエア ここは、2017年3月に母と妹一家と出かけた鬼怒川温泉旅行記への入口である。
 (ちなみに、この写真は、東武ワールドスクエアの万里の長城を歩いている三蔵法師一行である。)


 旅行記自体は1ヶ月以上前に書いていたものの、入口を作るのをすっかり忘れていた。


 以下の日程をクリックすると、その日の旅行記に飛べるようになっている。


1日目 2017年3月11日(土曜日)


2日目 2017年3月12日(日曜日)


 


持ち物リスト(鬼怒川温泉編)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.04

ひたちなか日帰り旅行記(2017)の入口を作る

 ここは、2017年4月に母と出かけたひたちなか日帰り旅行記(2017)への入口である。
ひたちなか日帰り旅行記 2017年4月30日(日曜日)

 この日帰り旅行にかかった費用は、一人分約11000円だった。ここには、交通費、食事代、入場料が含まれているが、お土産代は含まれていない。

ネモフィラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたちなか日帰り旅行記(2017)

2017年4月30日(日曜日)

 確か、4月24日のことだったと思う。
 ひたち海浜公園のネモフィラが満開になったというテレビのニュースを見た母が、「このGWにネモフィラを見に行こうか。」と言い出した。
 4月に仕事が変わって残業三昧の毎日を送っている私としては、GWは寝させてくださいという気分もありつつ、私の帰りが遅い分、母に色々と負担を掛けているし、そこは埋め合わせすべきだろう。

 24日に満開だから早い方がいいだろうと、29日と30日を候補に、毎日天気予報を眺めた。
 29日は、午前中が晴れ、午後から大気の状態が不安定で雷雨の可能性もあると言う。お昼過ぎには撤収するから29日でも大丈夫そうだと思いつつ、母が「明日(29日)はお天気が悪そうだから、別の用事を入れちゃったわ。」と言い、30日に出かけることに決めたのが28日の23時頃である。
 母と私のお出かけにしてはかなり珍しく、直前になってバタバタと予定を決めた。

 間違いなく混雑するだろうし、母もお花を見るなら午前中だと断言する。30日は朝5時に起きた。
 「朝ごはんは電車の中で食べよう。」と言っていても、起きれば食べてしまうタイプの二人である。トーストとミルクティを平らげた。
 最寄り駅までのバスの始発前だったのでタクシーを呼び、駅に向かう。
 朝一番の特急ひたちが勝田駅に到着する前に到着すべく、我孫子6時26分発、勝田7時55分着の常磐線に乗ることに決めた。1時間半以上も直角の椅子に座るのは大変そうだから、グリーン車を利用する心算だ。

 ところが、グリーン車など日頃全く乗らないので、乗り方がよく判らない。乗り方というよりも、グリーン券の購入方法がよく判らない。予め購入しなくとも車内で検札があるから大丈夫だけれど、確か、乗車前に駅でグリーン券を購入した方がお得に乗れる筈である。
 グリーン券は一体どこで買えるのか。
 iPadで調べ、駅で探し、グリーン車に乗車する駅の券売機か、その駅のホームでグリーン券(780円)を購入できることを突き止めた。

 発車1分前に我孫子駅の常磐線快速ホームでグリーン券を購入し、ギリギリで乗車した。
 2階建て車両だったので、もちろん2階に上がる。我々の他に二人組のお客さんが5〜6組というところだ。
 早起きした分をここで取り戻すべく、母と二人で1時間弱は瀑睡したと思う。
 この車両にいる全員がネモフィラを見に行くのかしらと思っていたら、意外と水戸で降りる方が多かった。
 7時55分に勝田駅に到着である。

 電車を降りると、駅の構内でひたちなか海浜鉄道の駅員さんが案内に立っていた。ひたちなか海浜鉄道の終点の阿字ケ浦駅から国営ひたち海浜公園に無料のシャトルバスがあるという。海浜公園入園券付湊線1日フリー切符も販売されている。
 バスで行き、帰りにひたちなか海浜鉄道に乗りたかったので「入園券を予め買えるのはポイントが高い」と思いつつ通り過ぎる。

 改札を出ると、今度は茨城交通の方が案内に立っていた。
 今の時期はひたち海浜公園に直行バスを走らせており、特にGW期間中の早朝開園(7時半開園である)に合わせて直行バスも7時10分が始発となっている。
 直行バスに乗るためにはバス停の手前にあるテントで乗車券を購入する必要がある。こちらも往復乗車券や入園券と往復乗車券のセットが販売されている。行き帰りを別の交通手段にしたかったので、片道乗車券(400円)を2枚購入した。

 バス停に行くとタイミング良くバスが待っていて、何とか座ることもできた。ラッキーである。
 バスは渋滞に遭うこともなく順調に走り、8時20分くらいに国営ひたち海浜公園西口に到着した。
 駐車場はかなり埋まっていたものの、入園券売場はそれほど行列していない。窓口に数人ずつ並んでいるだけで、その横の券売機はがらがらだ。並ばずに大人用入園券(410円)を2枚購入した。
 並ばずに買えたことに喜んでちゃんと確認しなかったら、後になって母から「私はシルバー割引で210円で入れた」と指摘された。

 入園すると「西池」というだだっ広い池を中心にしただだっぴろい広場が目の前にある。
 広い。
 遠くに観覧車が見える。
 人の流れは西池を左に回り込んでいる。前に来たときの記憶でこの時期はチューリップが咲いている筈と、池を右に回り込んだ。ネモフィラの咲いているみはらしの丘までの距離はさほど違いがない筈だ。

チューリップチューリップ 思ったとおり、チューリップが満開になっていた。
 一面の絨毯という感じで広がっている。
 綺麗だ。
 そして、チューリップといえば、という感じで風車と跳ね橋も用意されている。
 跳ね橋の下から蛇行するように紫色の丈の低いお花が植えられていて、川に見立てられている。なかなか芸の細かい演出だと思う。

チューリップ 母と二人、夢中になって色々な角度からチューリップを眺める。一昔前は、「チューリップ」の歌のとおり、赤白黄色のあの形をしたチューリップがチューリップだったけれど、今は全く様相が異なり、様々な形と様々な色をしたチューリップが咲き誇っている。
 一見してバラのような形をしているお花もチューリップである。
 チューリップに夢中になってあっちへうろうろこっちへうろうろしていたら喉が渇いてしまい、近くにあった自動販売機でお水を買って飲んだ。さすがに国営の公園で、ペットボトルの代金が外より異様に高く設定されたりしていないところも素晴らしい。

混雑ルート title= チューリップを満喫した後は、いよいよ「みはらしの丘」へ向かう。
 園内地図で「混雑ルート」と書かれた一番判りやすい道を辿って行った。
 それにしたって、今はまだ8時半である。それでどうしてこんなにたくさんの人が来ているのか。自分達も「8時半にここにいる人」の一人であることも忘れ、余りの混雑振りに唖然とした。
 しかし、それはそれとして、青空に映える一面のネモフィラの青が綺麗である。
 うわあ! と思わず歓声を上げてしまう。

 これは間違いなくはぐれるだろうと、母と「見失ったら携帯で電話ね」と確認し、みはらしの丘の頂上を目指して歩き始めた。
 ネモフィラである。
 青空とネモフィラである。
 満開である。

ネモフィラネモフィラ

ネモフィラネモフィラ

ネモフィラネモフィラ

ネモフィラネモフィラ

ネモフィラネモフィラ

 1時間半くらいかけてみはらしの丘を登って下り、丘の上から海を眺め、青空とネモフィラの「青一色」を堪能した。
 やはり、朝早く出かけてきて良かったと思う。
 ネモフィラの青の濃いところがあったり、薄い青のお花が多いところがあったりする。
 種が飛んで来たのか、青一色のネモフィラの中でオレンジ色のポピーのようなお花が点々と咲いているのも何だか可愛らしい。しかも、ちゃんと補色である。
 お花畑の間に作られたくねくねとした遊歩道を人が埋め、登ったこともないのに「初日の出のときの富士山みたい」という感想が浮かぶ。

 みはらしの丘を登って降りて満喫し、ベンチで少し休憩する。チョコを食べ、お水を飲んで元気回復したところで、お昼ごはんを食べに那珂湊のおさかな市場に向かった。
 みはらしの丘からはまかぜ橋を渡り、草原エリアの横を通って海浜口に向かう。そこに阿字ヶ浦駅とを結ぶ無料シャトルバスが来る筈だ。
 ひたち海浜公園は本当に広くて、サイクリングを楽しんでいる人も多い。
 あまりにも広くて、一日掛けてもすべてを見ることはできないんじゃないかと思う。

 海浜口10時23分発のシャトルバスに乗ることができた。
 このシャトルバスは、ひたちなか海浜鉄道の発着時刻に合わせて運行されているようだ。もう帰る人は流石に少なくて、10人も乗っていなかったと思う。
 海浜口の駐車場は満車で、駐車しようという乗用車が20台以上も列を作っている。やはり朝一番の行動が正解だったようだ。
 バスは途中でかなり細い路地に入って行き、7〜8分で阿字ヶ浦駅に到着した。

ひたちなか海浜鉄道踏切

 やってきたひたちなか海浜鉄道は3両編成だった。阿字ヶ浦が終点だ。
 たくさんの人が降りて行き、無料シャトルバス2台(3台だったかも知れない)に分乗して出発して行く。
 ひたちなか海浜鉄道はSUICAが使えないので、那珂湊駅までの切符(260円)を2枚購入する。

 電車はがたごとと結構揺れる。その感じも楽しい。
 台湾か中国から来たらしい3人組の観光客が、一番前に陣どって動画を撮ったりしている。ひたち海浜公園ではあまり感じなかったけれど、ここに来て外国人観光客が増えたなぁと思う。
 真っ直ぐの単線の線路がずっと続く様子は、確かにいい感じだ。踏切も懐かしい。

 電車で15分くらい、駅から歩いて10分くらいで那珂湊おさかな市場に到着した。
 あまりの人の多さに驚き、一番最初に目に入ったヤマサ水産の回転寿司に入った。
 お店の入口で紙に名前を書く。概ね50番目くらいだ。「12時前だったらすぐに入れるだろう」という目論見は見事に外れた。

ヤマサ 45分待って、12時過ぎにやっと名前を呼ばれた。
 粉末のお茶を淹れ、お醤油皿を用意し、回転してくるお寿司を吟味し、メニューを吟味する。
 「色々な種類のお寿司を食べたい」と母と意見が一致し、全てシェアして食べたラインアップが、まぐろ、鰆、石鯛、白魚、ヤリイカ、鰺、シマアジ、中トロ(3)である。
 中トロをオーダーしたのは母だ。そんなにトロ好きだったっけ? と思う。
 すべてのお寿司でネタがとても大きくて、もちろん美味しくて、お腹がいっぱいになった。
 これで、二人分3000円ちょっとだなんて驚きだ。

 食後、腹ごなしと時間調整を兼ねて市場を見て歩いた。
 回転寿司で「売り切れました」と言われてしまった牡丹海老、キンメの開き、銀ムツのかまの味醂干しを購入した。氷を分けてくれていて、牡丹海老はもちろんお刺身で食べるから、ビニル袋に氷を沢山もらう。
 お腹が空いていれば、店頭で売られていた焼いた牡蠣や帆立などなどをいただきたいところだ。

 駅まで歩いて戻り、再びひたちなか海浜鉄道(350円)に乗って勝田駅に戻った。
 ちょうど目の前に特急ときわが来ていて、急げば乗れるタイミングだったけれど、「どうしよう」と言っているうちに発車してしまった。我ながらマヌケである。
 そのまま改札を出て、次の特急の指定券(1000円)を購入してから、サザコーヒー本店に向かった。一度本店に行ってみたかったのだ。

 ところが、駅から徒歩10分くらいのところにある本店は混雑していた。ウエイティングリストで15組目くらいである。
 とてもではないけど特急に間に合いそうにない。
 店内の試飲はちょうどアイスコーヒーのみで、ホットコーヒーを飲んでみることができなかったのが残念だ。
 豆だけでも買って帰ろうと、酸味が少ないものがいいなぁとか色々と見比べ、「最初に購入するのはやはり店名が付けられたものでしょう!」とサザスペシャルブレンドの豆を購入した。

サザコーヒー 「コーヒーが飲みたい」という気分が盛り上がっていたので、駅前店でテイクアウトする。
 母はよほど喉が渇いていたのか、アイスコーヒーを一気飲みしていた。
 最初からこうしていれば歩かずに済んだわね〜と思ったものの、本店の雰囲気を味わえたからヨシとしようと思う。いつか本店でケーキを食べながらコーヒーを飲んでみたい。

 特急ときわに乗車し、快速のグリーン車と特急の普通車と乗り心地は甲乙付けがたいわなどと思いながら帰途についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »