« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021.07.23

「お一人さま逃亡温泉」を読む

 2021年7月、加藤亜由子 著「お一人さま逃亡温泉」を読んで、写真をとっくりと見た。
 タイトルのとおり、著者が「心身スッキリ浄化」するために出かけた、割と秘湯度の高い温泉の数々が文章と写真で紹介されている。

 うーん、いいなぁ、行ってみたいなぁ、公共交通機関で旅する身としてはもう少し最寄り駅から行きやすいといいなぁという温泉の数々が並んでいる。
 一人旅は平気だし、結構な宿代をお支払いすることもあるのに、何故か「タクシーに乗る」ことが究極の贅沢に感じられる性分なので、「駅からタクシーで30分」といった立地は、私にとってかなりハードルが高い。
 しかし、そのハードルを乗り越えても行ってみたいと思える温泉たちである。

 お湯や眺めに加えて、宿の方、番台にいらっしゃる方、共同湯に入りにきている方々に味がある。
 そういった方々とのやりとりをしている著者に味があると言うべきか。
 著者以外に、この本に若者は登場していない気がする。
 そういう意味で「あと何年、続けてくださるだろう」という心配も浮かぶ。

 次に行きたい温泉の候補がまた増えた。

| | コメント (0)

2021.07.11

「旅の絵本Ⅲ」を読む

 2021年7月、安野光雅さんの「旅の絵本 Ⅲ」を読んだ。
 3冊目はイギリスが舞台である。
 読んだというか、眺めた。眺めたというより、じーっと見たというのが近いと思う。

 イギリスときたら、シェイクスピアとピーターラビットでしょう! と思っていたら、ご本人の解説によるとむしろ「マザーグース」からやってきた絵が多いらしい。
 マザーグースを読もうかしら、読めるかしら、と思った。

 私が見つけた「隠されたものたち」と「どこだか分かった!」ものたちを書いておこうと思う。

  • ドーバー海峡
  • ピーターラビット?
  • ピーターパンとティンカー・ベル
  • ニュートン
  • ジャックと豆の木
  • アリスとチェシャ・キャット(不思議の国のアリス)
  • ストーン・ヘンジ
  • 時計を持った白ウサギ(不思議の国のアリス)
  • 触ったものが全部金になっちゃう王子(物語のタイトルが思い出せない)
  • クマのプーさん?
  • ロンドン橋
  • タワーブリッジ
  • 長靴を履いた猫
  • ビッグベン
  • ピーターパン
  • リバティ・デパート(多分)
  • ピカデリーサーカス
  • トラファルガー広場
  • 似顔絵(右端だけチャーチルと分かった)
  • 刑事コロンボとシャーロックホームズ
  • ヴェニスの商人
  • マクベス
  • ロミオとジュリエット
  • ジョニー・ウォーカー?
  • 頭をロバに変えられてしまった職人(夏の夜の夢)
  • ネッシー
  • ドリトル先生
  • ロイヤルウエディング

| | コメント (0)

2021.07.04

「今日も世界の果てまでひとりっぷ4 爆バイイング編」を読む

 2021年7月、「今日も世界の果てまでひとりっぷ4 爆バイイング編」を読んだ。
 読んだというか、眺めた。
 シリーズ5冊の中でもかなり写真多めだと思う。

 タイトルの通り、これまで旅した際に買った物をひたすら写真に撮って感想を書き込んだ本である。
 表紙に「稀代の旅バカは、稀代の買い物バカだった!!!」と書いてあり、看板に偽りなしという感じだ。
 とにかく、買った物が並べてある。

 その「買った物」が何というか偏りまくっているのが可笑しい。
 食べ物は消費してしまっているだろうから少ない。
 服と民芸品がメインである。あと、食器も。

 いずれにしても私は多分買わないなぁというものが多くて、逆に面白い。
 「同じものを買いたい!」と思っても、具体的なお店の名前や場所、お値段の記載はほぼないので、逆に欲しいものがあまりなくて良かったなぁと思う。
 こういう形で本を出すことは想定していなかっただろうし、多くはご本人も「買った店」や「買った値段」を覚えていないのではあるまいか。

 そして、きっと広いお宅に住んでいるんだろうなぁ、これだけの「モノ」をしまっておけるって凄すぎる、もししまわずに飾ってあるのだとするとさらに凄すぎると思った。

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »